喪中はがき一覧

喪中はがきが兄弟の場合の文例と連名や続柄と月日の書き方も紹介!

多くの人と年賀状のやり取りをする方は、年末が近づいてくると、毎年何枚かの喪中はがきが届きますよね。 それが、ご自身の身内が亡くなったときには、今度はご自身の方が、喪中はがきを出さなければならないと思います。 今回は、身内の中でも兄弟姉妹が亡くなった時の喪中はがきについて、続柄、月日や連名の書き方を文例で紹介します。

喪中はがきの文例で続柄が妻の母の場合の連名での書き方は?

12月と言えば年賀状のデザインを考えたり一言添える言葉を選んだりします。しかし今年は妻の母(義母)が亡くなったので、喪中として年賀状を控えるため、喪中はがきを出すことになった場合の年賀欠礼をせざるを得ない。そのような義母が亡くなった時の喪中はがきについて、文例や連名の書き方や文例や連名についての注意について説明します。

喪中はがきを出す相手の範囲は親戚ならどこまで?文例や書き方!

近親者が亡くなった年は、喪中として年賀状を控えるのが、日本での一般的なしきたりです。 郵便局の年賀状受付前までに、喪中はがきを出すことで年賀欠礼をしますが、亡くなったのが夫だったりすると、どこの範囲まではがきを出したらよいのか、相談する相手がいなくて悩むことがあると思います。 そのようなときの喪中はがきの出し方や書き方について、親戚などの範囲や文例などについてご紹介します。