菜の花の英語の読み方は?名前の由来や花言葉はなんと言う?


春と言えば、黄色が鮮やかな春の植物「菜の花」です。

春になると桜に負けず劣らず、なんとも自己主張の強いイメージを受けます。

そういえば、菜の花って英語で何と言うのでしょうか?

海外の人は、この花を何と呼んでいるのでしょう。

ここでは、菜の花は英語で何と言うのか、またその名前の由来は何なのか?

花言葉は何と言うのか?などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

菜の花の英語の読み方はどう言う?


実は、英語だと複数の読み方があります。

その中でちょっとびっくりな読み方としては

「rape blossom=レイプブロッサム」で「rape=レイプ」という読み方があります。

その他に

「rape flower=レイプフラワー」
「Rapeseed blossom=ラペシードブロッサム」
「canola flower=キャノーラフラワー」

などとも読まれ、どれが正しいのか、どれを覚えればいいのか悩みますね。

この中では「rape blossom」と「rape flower」は「rape」の部分が犯罪を連想させるので、海外でもあまり好まれません。

覚えやすいのは「canola flower=キャノーラフラワー」です。

キャノーラは、皆さんよくご存じのあの「キャノーラ油」ですね。

菜の花の英語の由来は?


先にご紹介した「canola flower=キャノーラフラワー」のキャノーラは、正にあのキャノーラ油の油が由来なんです。

他にも菜の花の英語名は「Rapeseed flower=ラペシードフラワー」という読み方もあります。

「Rape」は「セイヨウアブラナ」という意味がありますが、どうも発音を聞くと悪いイメージを持ってしまう人もいるようです。

そのため最近では「Fiele mustard」と呼ばれているそうです。

いろいろな読み方をされる菜の花ですが、実は日本名の菜の花というのも、実はアブラナ科の植物の総称と言われています。


スポンサードリンク

菜の花の花言葉は英語でどう言う?


菜の花の花言葉は、英語で何と言うのでしょうか?

日本語だと「明るさ」とか「快活」「小さな幸せ」とか「財産」なんて花言葉もあります。

今、例に上げた日本語の菜の花の花言葉を英語に訳すと、

 ・快活=cheerfulness
 ・明るさ=The brightness
 ・財産=Assets
 ・小さな幸せ=Small happiness

 となります。

春の訪れを知らせる花として、日本では根強い人気ですが、海外では食用油の原料の認識が強いです。

日本でも菜の花は、ひな祭りなどの行事食としても用いられますね。

ただの食用ではなく、あくまで春の風景の中に必ずある花の一つである事が日本人独特のイメージだと思います。

菜の花のあの鮮やかな黄色が、人を元気にしてくれる色なのです。

見ているだけで、元気で楽しい気分にさせてくれるので、自然と菜の花は春の花として親しまれたのでしょう。

実際、日本では3月~5月頃に掛けて咲くのが菜の花です。

ひな祭りのレシピとしても使われていて、春という事以外にどことなく女の子のような愛くるしさや可愛さがありますね。

菜の花でおもてなしはこちら
>>春を感じる菜の花簡単おいしいレシピ!

まとめ

いかがでしょうか?

駆け足で紹介してきましたが、英語名でも花言葉でもいろいろな言葉で表現されている花でしたね。

菜の花畑に咲く菜の花は全国共通で春の代名詞です。

外国の方に説明する場合もこのように説明してあげてくださいね。

スポンサードリンク