喪中はがきの文例で続柄が妻の母の場合の書き方!連名と実母の場合は?

スポンサードリンク



毎年12月になると、年賀状を出すためどんなデザインにするのか、色々考えたりします。

しかし、今年は妻の母(義母)が亡くなった場合、喪中として年賀状を控えることになります。

そのため、喪中はがきを出すことになった場合の年賀欠礼をせざるを得ない。

そのような義母や実母が亡くなった場合の喪中はがき例文について、文例や連名の書き方や文例や連名についての注意について説明します。

喪中はがきの文例で続柄が妻の母の場合


喪中はがきは、基本的に年賀状のやり取りをしている人に、喪中であり新年の賀詞を遠慮することを伝えるものです。

義母の場合も妻の母ということで、喪中はがきを出すのが一般的です。

夫が出す場合には、実母と義母では文例が少し変わってきます。

喪中はがき続柄が実母の文例

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
①本年○月に母○○が○歳にて永眠いたしました
永年にわたるご厚誼に深謝致すとともに
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

喪中はがき続柄が義母の文例

①本年○月に「義母○○」が○歳にて永眠いたしました
※実母と義母の場合には、①の「 」部分が変わります。

喪中はがきの故人の続柄は、差出人(今回は夫)からみた続柄です。

義母の名前については、「義母 花子(名前のみ)」「義母 山田花子(フルネーム)」「妻の母花子(名前のみ)」などがあります。

喪中はがきの文例で続柄と連名の書き方


年賀状を出すときは、夫婦連名や家族全員の連名で出すことが多いと思います。

それと同様に喪中はがきを出すときも、夫婦連名で出すのが一般的と言われています。

しかし、いつも夫が自分一人の名前で出しているときは、夫だけの名前でも良いでしょう。

夫婦連名で出す場合の故人との続柄は、夫からみた続柄を書きます。

故人が妻の母で連名の書き方の例

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
本年○月に「妻の母花子」が○歳にて永眠いたしました(・・・「 」は続柄がわかるもの)
永年にわたるご厚誼に深謝致すとともに
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成○年○月 
住所○○
  佐藤 一郎・和子
スポンサードリンク

喪中はがきの書き方で連名で気を付けること


気をつけるのは、誰がいつ、何歳で明確に伝えることです。また近親者に不幸があって、年賀欠礼するものですので、その他の近況報告や祝い事は書かないようにします。

ただし結婚したことを知らない人に、いきなり新しい名前や連名で届くと驚く人もいるかもしれません。

そういうときは、差出人の部分に(旧姓山田)とか(結婚しました)などの添え書き程度の内容を書き、年明けに改めて結婚報告のはがきを出すと良いでしょう。

喪中

喪中はがき文例で続柄が妻の母の場合連名の書き方まとめ

喪中はがきの内容は、絶対こうでなければならないと言うものではないので、故人が義母の場合に夫まで喪中はがきを出すのはおかしいという方もいます。

でも、愛するパートナーである妻の悲しみに寄り添うという気持ちであれば、喪中はがきをだすことにこだわる必要もないのでは、と思います。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする