はちみつはオリゴ糖の代用ができる?違いは甘さとカロリー?


オリゴ糖と言えばご存知の通り、便秘解消にも効果があると言われていますほんのりとした甘みが人気で、砂糖の代わりに日常的にオリゴ糖を使っている人も多いとか。

オリゴ糖は、砂糖と比較してもカロリーが低いことから、クッキーなどのお菓子作りにもよく使われていますよね。

そんな便利に使えるオリゴ糖ですが、もしもオリゴ糖を切らしてしまったら、オリゴ糖の代用としてはちみつはどうなのでしょう?

そこで今回は、オリゴ糖の代用としてはちみつは使えるのか?

そして、オリゴ糖とはちみつの違いは、甘さ以外にもあるのかどうか?についてまとめてみました。

スポンサードリンク

はちみつはオリゴ糖の代用ができる?


オリゴ糖を切らしてしまった時、オリゴ糖の代用には何が使えるのか悩んだりしますよね。

実はそんな時、はちみつがオリゴ糖の代用として使えるのです。

実ははちみつの中にもオリゴ糖が含まれていることをご存知でしたか?

オリゴ糖よりも甘く感じるはちみつですが、その中身にはオリゴ糖も含まれているのです。

なので見た目の色は違うものですが、種類として同じ物だと言えるかもしれませんね。

はちみつとオリゴ糖の違いは?


はちみつとオリゴ糖の違いは、もちろん見た目の色やその甘さなどにも違いがありますが、その他にも栄養面でも違いがあります。

一般的に知られていますが、オリゴ糖は便秘解消効果に優れていますよね。オリゴ糖は水溶性食物繊維の仲間のようなもので、善玉菌のエサにもなります。

そのため、便秘解消効果やコレステロールの低下、血圧の低下などの効果が得られます。

その一方ではちみつは、ミツバチが集めてきた花の蜜が原料となり、そこからゴミなどを取り除いて殺菌した物です。

そんなはちみつの効果には、殺菌効果や疲労回復効果、美容効果などがあります。

栄養面を見てみてもこれだけの違いがあるのですが、それ以外にも違いはあります。

オリゴ糖は人工的に作り上げられた物ですが、はちみつは自然本来のものなんですね。

なので、味わい自体もオリゴ糖は作り上げられた味ですが、はちみつは自然由来の味を楽しむことができるのです。


スポンサードリンク

オリゴ糖とはちみつの甘さやカロリーは?


では、オリゴ糖とはちみつの甘さやカロリーについてはどうでしょう?

もし手元にオリゴ糖とはちみつの両方ともがあるのであれば、一度なめてみてもらえればわかるのですが、甘さははちみつの方がずいぶん甘く感じます。

オリゴ糖はほんのりとした甘さです。

この甘さだけでもわかるかと思いますが、甘さが強い分、カロリーははちみつの方が多いんですね。

なので、カロリー控えめにしたい時にははちみつよりもオリゴ糖の方が良いことになりますね。

ただ、甘さの違いがありますので、普段からはちみつを使っている人がオリゴ糖を代用品として使った場合、同量だとどうしても甘みが感じにくくなってしまいます。

その逆で、普段はオリゴ糖でカロリー控えめにしている人が、代用品としてはちみつを同量使った場合、甘みが強くなりすぎてしまうのです。

そのため、オリゴ糖とはちみつのどちらを使うかは、その人次第と言うところもありますね。

ほんのりとした甘みや、便秘解消効果などを期待したい人はオリゴ糖を、自然本来の甘みや美容効果などを期待したい人ははちみつを使うなど、その効果に合わせて選ぶのもひとつの手段です。

まとめ

いかがでしたか?

オリゴ糖とはちみつは、意外にも同じ部類に含まれることから、代用品として使うことは可能なんですね。

もちろん、オリゴ糖を切らしてしまった時にははちみつで代用できますし、逆にはちみつを切らしてしまった時にはオリゴ糖で代用ができます。

ただしその場合、甘みの強さに違いがありますので、使う量はお好みで増減してみても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク