ペアガラスが熱割れする原因は?!メーカー保証や火災保険適用の可否


ある日突然、何もぶつけたりした記憶もないのに、ペアガラスにヒビが入っていたりしたことはありませんか?

実はそれ、『熱割れ』と呼ばれるものなんですね。

この熱割れと呼ばれる現象が起きた場合、火災保険で保証の対応となることもあるそうです。

そこで今回は、突然ヒビが入ったりする熱割れと呼ばれる現象が起きる原因や、その際の保証などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ペアガラスが熱割れする原因を解説


そもそもペアガラスってどんなものか知っていますか?

ペアガラスとは、実はガラスが二重になっているガラスのことをペアガラスと呼んでいるんですね。

ペアガラスを使うことによって、断熱性が高くなったりするので、最近ではペアガラスを使っている住宅が多いようです。

では、そんなペアガラスが熱割れを起こす原因はいったい何なのでしょう?

ペアガラスが熱割れを起こす原因は、窓ガラス内の温度差が引き金になっていると言われています。

例えば、昼間に太陽の光がたくさん当たる部分のガラスは、熱をたくさん吸収するため、温度も高くなりがちですよね。

しかしその一方で太陽の光が当たらない部分はと言うと、温度が全く変わらないのです。

この状態が、例えば1枚のガラスで同時に起こった場合、ヒビ割れが起きる原因になるのです。

そして、このヒビが入る現象を、熱割れと呼んでいるのです。

ペアガラスの熱割れ時のメーカー保証は?

ペアガラスが熱割れした時って、窓ガラスのメーカー保証は使えるのでしょうか?

結論から言えば、答えはNO!です。

実は熱割れに関しては、ほとんどの場合メーカー保証は受けられないと考えておきましょう。

というのも、熱割れが起きるのはメーカー側の不備ではないからなんですね。

もちろん、窓ガラス自体にもともと問題があったのであれば補償の対象になりますので交換してくれると思いますが、熱割れはメーカー側では防ぐことができない言わば事故のようなものなんですね。

なので、もしも熱割れでメーカー保証をしてくれるところがあったとすれば、それはメーカー側のご厚意ととらえて下さいね。


スポンサードリンク

ペアガラスの熱割れに火災保険は使える?


では、火災保険での保障はどうでしょう?

実は火災保険の場合には、熱割れが起きた場合、保証が受けられるケースがあります。

それは、火災保険の中に『破損・汚損損害特約』と呼ばれる保証サービスが付帯されている場合です。

この特約が付帯している場合には、『不測かつ突発的な事故による損害』に熱割れが該当するため、保険金が支払われることもあるのです。

そのため、住宅の窓が熱割れを起こした際には、まずは火災保険の証券を見直してみたり、保険会社へ連絡して問い合わせてみると良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ペアガラスなどの窓が、いきなり何にもしていないのにヒビが入ると『これって欠陥品だったんじゃないの?』と思われがちですが、実はそうではないんですね。

窓ガラスの温度差によって引き起こされる現象ですので、メーカー側には何の落ち度もないのです。

そのため、メーカー保証は受けられませんが、入っている火災保険のタイプによっては保証が受けられる場合もあります。

一度、加入している火災保険を見直してみると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク