伊勢神宮内宮の駐車場の営業時間は?外宮は?予約できるの?

スポンサードリンク




伊勢神宮は正式名称は「神宮」といい、三重県伊勢市にある神社で、「お伊勢さん」や「大神さん」などの愛称で親しまれています。

特に正月三が日やゴールデンウィークなどの連休には、かなりの参拝客が殺到するので、参拝する方は覚悟して行きましょう。

その伊勢神宮に、車で行く場合の駐車場情報に付いてお伝えします。

伊勢神宮内宮の駐車場の営業時間は?


古代から皇室の氏神である天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る内宮と豊受大御神を祀る外宮の二つの正宮があり、神宮が管理する宮社はなんと125社もあります。

20年に1度の式年遷宮の2013年には1420万人が訪れ、2016年にも約900万人が参拝しています。すごい数ですね。

神宮は内宮、外宮がバスで15分程かかる離れた場所にあるので、歩いて一度に参拝することが難しいと思います。

参拝するとしても、それぞれの駐車場に停めて参拝するのが楽ですね。

内宮周辺の駐車場

伊勢神宮内宮周辺には、一般客用が9箇所大型・マイクロバス用1箇所の計10箇所あります。

一般客用駐車場はA1・A2・A4・B1~B6となります。

一般客用駐車場住所

A駐車場住所:伊勢市宇治今在家町93番地:3箇所

B駐車場住所:伊勢市宇治浦田1丁目274番:6箇所です。

一般駐車場の営業時間と駐車台数

A1・・・24時間・51台
A2・・・5:00~19:00
・156台

A4・・・5:00~19:00
・53台

B1・・・24時間
・254台

B2・・・24時間
・98台

B3・・・24時間
・73台
B4・・・24時間
・110台

B5・・・7:00~19:00
・625台

B6・・・7:00~19:00
・385台

  
※駐車場料金は、最初の1時間は無料、1~2時間まで500円(17:00~7:00は100円)、2時間以降30分毎に100円です。

伊勢神宮外宮の駐車場は?おすすめ場所は?


伊勢神宮外宮周辺の駐車場は、

第1・・・5:00~18:00位
(2時間制限あり)・50台

第2・・・5:00~18:00位
(2時間制限あり)・210台

第3・・・5:00~18:00位
(2時間制限あり)・60台

宮川堤公園駐車場・・・24時間・150台(イベントで使用できないこともあります)

※駐車場料金は、今のところ無料です。

この他に伊勢市駅周辺などに、16箇所ほど民間の有料駐車場があります。

外宮周辺の駐車台数の多い駐車場

としては、
・しんみち駐車場・・・10:00~22:00
・100台・30分毎100円
住所:伊勢市一之木2丁目2-21

・伊勢有料駐車場・・・7:00~23:00
・75台・1時間毎200円、5時間以降(1日料金)1,000円
住所:伊勢市岩渕2丁目1-45

・高柳立体駐車場・・・24時間
・110台・30分毎100円、21:00~9:00まで上限1,000円
住所:伊勢市宮町1丁目6-1

・三交の駐ing伊勢市駅前・・・24時間
・82台・20分毎100円、平日24時間最大700円、土日祝24時間最大1,000円
住所:伊勢市宮後1(JR伊勢市駅前)

内宮に比べると参拝する人が少ないので、朝早く着くことができれば、第1~3駐車場を狙ったほうが良いでしょう。

週末などは混みますが待つことを覚悟すれば、順番に入ることはできます。

スポンサードリンク

神宮の駐車場は予約できる?その必要は?


神宮周辺の市営駐車場の満空情報は、「らくらく伊勢もうで」 で混雑状態を確認できます。

らくらく伊勢もうでオフィシャルサイトは、伊勢地域観光交通対策協議会の運営する駐車場だけの案内であり、予約はできません。

民間の軒先パーキング(個人駐車場予約500円~1500円程度)などのネットで予約できる駐車場もあります。

こちらも空きがあれば、混雑や渋滞に関係なく停めることができますが、目的地に近接しているかは場所によります。

うまくタイミングがあえばよいですが、良い場所はすぐ予約で埋まってしまいます。

まとめ

ゴールデンウィークなどの連休には、相当の混雑が予想されるので、なるべく公共機関で行くことをお勧めします。

駐車場に入れないとか、渋滞に巻き込まれるとせっかくの参拝も疲れてしまいますよ。

もし車で行くにしても、神宮から離れた場所にささっと停めて、電車やバスを利用する方がスムーズに参拝ができると思います。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする