北大銀杏並木のライトアップと見頃は?ポプラ並木への行き方も!


札幌市の北大構内の北13条道路に立ち並ぶ、銀杏並木は黄葉の絶景スポットとして人気を集めています。

その銀杏並木のライトアップ、見頃、アクセスについてご紹介します。

また、北大の観光スポットポプラ並木への行き方も併せてご紹介します。

スポンサードリンク

北大の銀杏並木ライトアップと一般解放日


北大敷地内の北13条道路は構内道路のため、普段は一般車両の通行はできません

ただし、銀杏並木が黄葉するシーズンになると、多くの市民や観光客にも黄葉を楽しんでもらうことを目的として、北13条道路を交通規制し、歩行者天国にして一般開放をします。

また、2012年からは北大金葉祭という、北大が行う「北大元気プロジェクト」というイベント企画の中の「北大金葉祭」で銀杏並木をライトアップします。

2017年における銀杏並木のライトアップと一般開放日は、次のとおりでした。

ライトアップ日程:10月28日(土)、29日(日)
ライトアップ時間:18:00~21:00
一般開放日:10月29日(日) 10:00~21:00

また、ミニステージや屋台、縁日の企画もあるので、小さいお子様や家族連れ、観光客の方も楽しめるようになっています。

2018年のライトアップ日程の確認方法

2018年の一般開放日とライトアップ時間は、北海道大学HPお知らせ、または北海道大学HP→学生生活→学生イベント情報(充実したキャンパスライフ)で、10月上旬に告知されるので確認できます。

北海道大学:公式ホームページ(学生生活)

北大の銀杏並木が色づく見頃


構内の北13条道路の両側の東西約380mに渡り約70本の銀杏が植栽されています。

10月中旬頃から色づき始めて、10月下旬から11月上旬頃が見頃と言われています。

北海道大学HPの関連リンクとして銀杏並木の黄葉状況も随時アップしているので様子を確かめることができます。

ちなみに2017年では、10月31日頃にはほとんどの銀杏は散ってしまったようです。

道路は落ち葉で黄色く染まって綺麗でした。


スポンサードリンク

北大構内ポプラ並木への行き方の車と電車の場合


銀杏並木と並ぶ観光スポットであるポプラ並木は2ヶ所あります。

①工学部西側北12条西10丁目付近と②北16条西13丁目付近があります。

①のポプラ並木は約250m。

②のポプラ並木は約300mです。

①アクセス:地下鉄南北線北12条駅から徒歩で約10分、またはJR札幌駅から徒歩約15分

②アクセス:地下鉄南北線北18条駅から徒歩で約16分、またはJR桑園駅から徒歩約12分

ポプラ並木付近には、一般の車両は通行できないので、公共機関を利用して行く方法をおすすめします。

ポプラ並木の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

北海道大学の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

まとめ

銀杏並木とポプラ並木は、離れた場所を徒歩で巡ることになるので、両方を観たい場合は、銀杏並木を見学したときに、足を伸ばしてポプラ並木を見ると良いと思います。

歴史のある北大の校舎を眺めながら散策を楽しみましょう。

スポンサードリンク