北海道ツーリングへ関西からフェリーにバイクで乗り込む行き方は?


広い北海道でのバイクのツーリングは、本州のライダーの夢の一つですよね。

青空の下、どこまでも続く道路を思い切り走ってみたいと思うでしょう。

その夢の舞台北海道のツーリングへ関西から行くには、バイクで行く、フェリーで行く、飛行機で行く方法があります。

今回は、その中から最もポピュラーな、フェリーで行く方法をご案内します。

スポンサードリンク

北海道ツーリングへ関西からの行程は


関西からフェリーで北海道へ行くには、関西近郊のフェリー港から利用するのが良いでしょう。

関西近郊のフェリー港は、愛知県の名古屋、京都府の舞鶴、福井県の敦賀の三港になります。

これらの三港からの北海道への工程(起点を京都駅とした場合)は次の通りです。

① 京都駅→新名神高速道路経由(約130km・2時間)→名古屋港→仙台港→苫小牧港(フェリーは約40時間):太平洋フェリーで19:00発翌〃日11:00着
② 京都駅→京都縦貫自動車道経由(約110km・1時間40分)→舞鶴港→小樽港(フェリーは約20時間):新日本海フェリーで23:50発翌日20:45着
③ 京都駅→国道161号経由(約100km・2時間)→敦賀港→苫小牧東港(フェリーは約20時間):新日本海フェリーで00:30発20:30着

太平洋フェリー①で名古屋から行くと約40時間と2倍の時間がかかりますが、明るい時間に乗船して到着するのが午前11時なので、着いてすぐにツーリングを開始することができます。

新日本海フェリー②③は、深夜に乗船して夜に到着するので、着いた日は小樽か苫小牧に宿泊して、翌日からツーリング開始です。

結局同じ日にフェリーに乗船して、ツーリングを開始するのが、同じ日の朝の9時からツーリングを開始するか、11時から開始するかの約2時間程度の差しかありません。

関西から北海道へフェリーでのバイク料金


関西から8月2日から8月15日の間に利用した場合(寝台個室の場合)

① 太平洋フェリー:
名古屋港→苫小牧東港:大人15,000円~16,000円:バイク400cc以下14,400円・400cc超750cc以下20,100円

② 新日本海フェリー:
舞鶴港→小樽:大人約16,000円~17,000円:バイク750cc未満約9,700円~11,000円・750cc以上約12,000円~14,000円

③ 新日本海フェリー:
敦賀→苫小牧東港:大人約16,000円~17,000円:バイク750cc未満約9,700円~11,000円・750cc以上約12,000円~14,000円

※新日本海フェリーの運賃は、8月2日から8月15日の運賃設定が未定なので、5月31日を参考としています。


スポンサードリンク

北海道へ関西からの行き方とおすすめコース


北海道でのツーリングの目的場所・予算・行程日数によって、おすすめのコースが変わります。

また目的地によっては、平地が多いコースや峠を越えるコースもあるので、目的地をある程度設定しておいた方が良いです。

また市街地から出て郊外へ行くと、ガソリンスタンドが少ない場合もあるので、燃料の消費も考えて1日の工程を無理のない200km~300km、ゆっくり観光をするなら1日200km程度の走行を考えましょう。

小樽と苫小牧を基点とした場合は、苫小牧の方が平坦地が多く道南、道北、道東へもアクセスが良いです。

札幌で最初はゆっくり観光をしたい場合は、小樽の方が近いですが、苫小牧からも時間的に大きく変わりません。

発着の時間が夜でも平気という方なら、新日本海フェリーの敦賀・苫小牧東コース

日程に余裕があり、日中にゆっくり発着したいと考えるなら、太平洋フェリー名古屋・苫小牧東コースでしょう。

まとめ

北海道ではいたるどころにネズミ捕りが行われており、夜に郊外を走るとエゾシカや動物が飛び出ることがあります。

北海道が広いからといって、スピードの出しすぎや夜間走行には注意しましょう。

スポンサードリンク