いなべの梅林公園の梅まつり駐車場は混雑する?梅の見頃はいつ?


三重県にあるいなべの梅林公園では、毎年梅まつりが開催されています。公園内に咲き誇る梅は、その数4.500本!

ピンクや白、紅、中には黄緑っぽい色の梅もあって、ずっと見ていても飽きの来ない絶景です。

この記事では、そんないなべの梅林公園の梅まつりについて、梅の見頃はいつごろか?駐車場の混雑状況などをご紹介していきます!

スポンサードリンク

いなべの梅林公園の梅まつりの詳細


東海地区最大級の規模を誇る、いなべ市農業公園の梅まつり。

2018年は、2月下旬から3月下旬に掛けて梅まつりが開催されます。

開花状況によっては日程に変動がありますので、お問い合わせくださいね。

いなべ市農業公園
TEL:0594-46-8377

開催時間は、9:30~16:00

3月10日(土)・11日(日)には、「うまいもん市」が開催されます。

そして平日限定イベントとして、猿まわしや大道芸が行われます。

高齢化が進んでいるいなべ市は、その著しい状況から打破するために都市と農村が協力しあい、高齢者の就業機会や地域の活性化を図って特産品の開発などに力を入れています。

梅林公園の広さは38ha。

また同じ公園内にあるエコ福祉広場は18haあり、地域住民と都市住民の憩いの場としてゴルフ場や農業体験もできたり、花広場やボタン園なども整備されています。

農業公園は、このエコ福祉広場エリアと梅林公園エリアから成り立っています。

エコ福祉エリアには、農業公園レストラン「フラール」もあります。

フラールの営業時間は11:00~14:00なので、丁度お昼のランチタイムに最適といったところでしょうか。

農家さんで取れた20~30種類の作物や、公園内で栽培されている山菜やハーブなどがビュッフェ形式でお食事が楽しめますよ。

素材本来の味を堪能できます!

いなべの梅まつりは駐車場と混雑状況


農業公園内の駐車場は、エコ福祉広場エリアに2ヶ所、梅林公園エリアに4ヶ所ありますが、梅まつり期間中は大変混雑します。

できることなら交通公共機関を利用して行かれることをおすすめします。

車で行く場合は、名古屋方面からだと東名坂自動車道、桑名ICから50分。

名神高速道路、関ケ原ICから40分。

関西、北陸方面からは、名神高速道路八日市ICから70分。

関ケ原ICから40分。東名坂自動車道、四日市ICから50分。

電車で行く場合、近鉄桑名駅~三岐鉄道北勢線西桑名駅~阿下喜駅よりタクシーで20分となります。


スポンサードリンク

梅林公園いなべ市農業公園内の見頃はいつ?


100品種4.500本の梅が立ち並び、ずっと見ていられる程の絶景です。

見頃はやはり、2月下旬頃から3月下旬頃と梅まつりの開催時期が一番の見頃でしょう。

因みに、2017年は2月下旬から3月上旬に開催されました。

その時の気候によっては、多少のズレはあるかも知れませんが、大きくズレこむような事はないと思われます。

駐車場付近は多少混雑するかも知れませんが、一度園内に入ってしまえば広大な敷地なので、長蛇の列で前に進めないとかは全くありませんので、ご安心ください。

ゆっくり梅園を散策して廻れますよ!

展望台もあるので、4.500本もの梅を上から見下ろす事もできます。

まとめ

全体的に、白やピンクの梅が混ざり合って素晴らしい色のコントラスト!

思わず、「生きてて良かった~!」とか「日本人に生まれて良かった~!」って思いますよ!

春はやっぱり1年の内で一番、人や動物、植物が活気づく季節ですね!

ホントに1年の始まりが春なんて、良くできてるものです。

スポンサードリンク