中学生へのお祝いメッセージは?入学祝いの中学の場合の文例は?

スポンサードリンク




春から中学生になった子へのお祝いを贈る準備をした際、贈り物は決まってもお祝いメッセージが決まらない!

なんてことありますよね?贈り物の次に悩む問題かも知れませんね。

我が子へのメッセージの場合は、何とかなっても、親戚の子とか友人の子とか、我が子以外の子へのお祝いメッセージの場合は、ちょっと考えてしまいますよね。

今回はそんな自分の子以外の子にメッセージを送った場合に焦点をあて、本人と親へ入学のお祝いや激励のメッセージの伝え方や、書き方、文例などもご紹介します!

中学生へのお祝いメッセージはどう伝える?


まず、頻繁に付き合いがあったかなかったかによって、メッセージも変わってきます。

あまり堅苦しくならなければ、まったく知らない子ではないと思いますので文章はごく簡単でも良いと思います。

どうしても手紙にしたいという訳ではないのであれば、入学のお祝いは品物やお祝い金を出す訳ですから、その贈り物に添える一言メッセージ的な感覚でいいと思います。

メッセージカードを添えて贈り物をするということですね。

品物やお祝い金だけでも。十分気持ちは伝わってると思いますが、それにメッセージカードも添えてあったら、より一層喜んで頂けると思います。

入学祝いの中学生へメッセージの書き方


ポイントとしては、「あまり長い文章にならないようにする」ことと「説教がましくならないようにする」ことです。

メッセージカードにお祝いを書くという設定ですと、あくまでメッセージなので、手紙に比べてササっと楽に書けると思います。

「長い文章」や「説教がましくならない」点に気を付けて、文章の長さは3行~4行程度でまずは入学のお喜びを伝えましょう。

次に、中学3年間に向けての想いなど本人の想いに対する応援メッセージを書くという捉え方で良いでしょう。


スポンサードリンク

中学入学のお祝いの文例


本人と親へ、中学入学のお祝いメッセージを本人と親へ送る場合のそれぞれの文例をご紹介します。

何通りか紹介しますので、気になった部分を組み合わせてもいいですし、文章そのまま使っていただいても大丈夫ですよ!

【中学生になる本人へ送るメッセージ】

・○○ちゃん、ご入学おめでとうございます!
ついこの間、小学校に入学したと思ったのにもう中学だね!
小学校に比べて、中学の3年間は勉強や部活に忙しいとおもいますが、自分らしく意味のある中学生活にしてくださいね!
応援しています!
・○○さん、中学入学おめでとう!
制服の着心地はどうですか?ちょっと大人な気分かな?(笑)
中学3年間は、これからの○○さんの人生にとってもとても意味のある自分を見つめる3年間です。
肩の力を抜いてファイトで頑張ってね!
・○○くん、中学校入学おめでとう!
希望校に入れたそうで、良かったね!
勉強やスポーツなどちょっと忙しくなるけど、充実した中学生活を送ってくださいね!

【中学生になる子の親宛のメッセージ】

・○○さん、○○くんの中学入学おめでとうございます。
やんちゃだった○○くんも、すっかりお兄さんらしくなってご両親やご家族の皆様も、感慨深いものがあるでしょうね。
目標に向かって常に前進していけるよう、私も陰ながら応援しています。
本当におめでとうございました。
・○○さん、○○ちゃんの中学入学本当におめでとうございます。
勉強や部活で忙しくなるので、しっかりサポートしてあげてくださいね。本当におめでとうございました!
・○○さん、○○ちゃんの中学入学おめでとうございます。
あんなに小さかったのに、もう中学生なんて早いですね。
中学校生活はいろんなことがあると思いますが、目標を持って頑張って欲しいですよね。私も応援しています。
また近々お会いしましょう!
・○○さん、○○君のご入学おめでとうございます。
これからが、○○君にとって大事な3年間ですね。
これまでとはまた違った心配も出てくるかと思いますが、○○君は頑張り屋さんなので、見守ってあげてくださいね!

まとめ

・・・いかがでしょうか?

頻繁に付き合いがあったか、なかったかによってもメッセージも変わってくると思います。

祝う気持ちが一番大事ですので、堅苦しくならず、お祝いの気持ちを届けるための参考にしていただければ嬉しいです!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする