新潟の花火といえば冬の越後妻有!妻有の闇夜の雪原ショー!


花火大会と言えば、夏の風物詩として夏休みの時期に開催することが多いです。

毎年、夜空に打ち上がる光と音の一大イベントとして、全国各地で盛大に花火大会が催されます。

特に新潟の長岡の花火は有名ですが、花火を観るのは、長岡や夏ばかりじゃありません。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有の雪花火は、真冬に打ち上がる大迫力の花火芸術として、多くのファンを集めています。

その越後妻有の雪花火の開催日やツアー情報についてご紹介します。

新潟花火は冬もトップシーズン


積雪が3mを越える豪雪地帯と言われる新潟県の越後妻有では、冬にも楽しめる花火、雪アート、郷土料理の一大イベントを開催しています。

真冬の冷え切った夜空に舞う光と音の芸術は、雪国の冬ならではの魅力を発揮し、年々訪れる観光客が増加しています。

新潟越後妻有は冬もトップシーズンを迎えるとして、様々なアートやプレイプランでおもてなしを行います。

越後妻有の雪花火の詳細


越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART(スノワート)」は、地域特性が表れる冬のプログラムとして、豪雪地帯での人々の生活や知恵、雪を利用したアート作品やプロジェクトが参加しています。

越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART(スノワート)」の会期

2018年2月24日(土)~3月11日(日)となっています。

その芸術祭の中で、越後妻有の雪花火が開催されます。

雪花火の正式名称は、
「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village2018」です。

雪原を彩る芸術家高橋匡太氏によるライトアップデザインの作品の中、冬の花火が打ち上がります。

・開催場所:新潟県十日町市珠川 当麻リゾートベルナティオ敷地内
・開催日(2018年):2018年3月3日(土)
・料金:大人1,500円/小中学生500円
・駐車場:自家用車での来場不可。

十日町駅西口より無料シャトルバスが運行されます。


スポンサードリンク

妻有へ行くには新潟の雪花火ツアーも人気


雪花火ツアーは、日帰りと1泊2日コースがあります。

申込先:(一社)越後湯沢温泉観光協会(雪国観光舎)
TEL : 025-785-5353
・日帰りツアー
越後妻有2018冬「越後妻有雪花火」「SNOWART」「雪見御膳」体験

3月3日の越後妻有冬花火開催当日出発で、越後妻有花火を日帰りで観るコースです。

10:40 越後湯沢駅西口集合

昼食(雪見御膳)

SNOWART見学

越後妻有花火見学

21:00 越後湯沢駅解散。

料金:大人12,800円/小学生以下11,800円
(雪見御膳昼食付き)

現地までの交通手段はバスで定員は45名です。

・1泊2日ツアー

「雪花火と日本3大薬湯の松之山温泉宿泊プラン」
(越後妻有2018冬「SNOWART」と「雪見御膳」満喫)。

3月3日~4日の1泊2日コースです。

10:40 越後湯沢駅東口集合

昼食(雪見御膳)

SNOWART見学

越後妻有花火見学

松之山温泉宿泊

宿で朝食

SNOWART見学

昼食(雪見御膳or上郷クローブ座レストラン)

SNOWART見学

15:00頃 越後湯沢駅東口解散。

料金:大人37,000円~37,000円/小学生以下31,000円~37,000円。

交通手段はバスです。

まとめ

雪による美しい風景とアートの中で、豪快な3尺玉の花火を観るなんて、なかなか体験できません。

越後特有の文化から生まれた、雪見御膳を味わいながら、雪国の暮らしを感じましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする