窓ガラスが勝手に割れた一覧

窓ガラスの熱割れ対策に賃貸における火災保険とその特徴教えます!

住宅の窓ガラスが割れた場合、持ち家の人は自分で修理・修繕しなければなりません。賃貸住宅の場合は、住居人が過失や故意に割ったときは、住居人が弁償(修理・修繕)することになります。という熱割れという自然に割れる現象があります。その時は誰が修理・修繕する?その窓ガラスの熱割れ対策の、賃貸における火災保険についてご紹介します。