菜の花の時期はスーパーで!季節はいつ?売っていない時の代用食材


菜の花がスーパーで売られる時期はいつか知っていますか?

菜の花と言えば、春の訪れを感じる花のひとつでもありますよね。

冬の寒さが和らいだ頃に辺り一面に咲く菜の花はとても美しく、それと同時に春の到来を実感できるひと時でもあります。

実は菜の花は観賞用としてだけでなく、食用としても楽しむことができます。

春の季節を感じる食材の代名詞とも言えるのが、この菜の花なんですね。

そんな春の代名詞とも言える菜の花を、スーパーで購入できる時期はいつ頃なのか?また、売られていない時に代用として使える食材はどんなものがあるのか?

今回は菜の花の購入時期などについて紹介します。

スポンサードリンク

菜の花の時期とスーパーの食用品を選ぶ理由

菜の花は、大根やブロッコリーなどと同じアブラナ科の植物で、昔は菜種油を採取するために栽培され始めました。

現在では食用としての菜の花を美味しく堪能することもできるのですが、実は菜の花には観賞用や食用、そして菜種油用にするために、それぞれ品種が違っているそうです。

では、食用品の菜の花がスーパーに並ぶ時期はいつ頃なのでしょう?

食用品の菜の花がスーパーに並び始める時期は、2月中旬頃から3月頃までが多いようですね。

4月頃になると、もうスーパーでは見かけなくなるようですので、まさに春の訪れとも言える季節を感じる食材なんですね。

菜の花のおいしい季節はいつ頃?


菜の花は旬の食材でもありますので、旬の時期にはぜひとも食べたい食材でもあります。

では、菜の花が美味しく食べられる季節はいつ頃なのか知っていますか?美味しく食べられる季節は、実はスーパーに並び始める時期に大いに関係しているのです。

2月中旬頃から3月頃にかけてスーパーには菜の花が並ぶのですが、3月中旬頃までに購入した菜の花は、特に美味しいと言われています。

もともと菜の花は、少しほろ苦さもある食材ではありますが、この時期に購入した菜の花は、穂先や茎がとても柔らかくて美味しいそうですよ。

3月下旬頃になると穂先や茎が少しずつ固くなってきますので、美味しく食べたいのであれば、少しでも早い時期に購入して食べるのがオススメですね。


スポンサードリンク

菜の花の代用になる食材とは


菜の花が美味しく食べられる時期はとても短く、スーパーに並んでいる時期もとても短いんですよね。

ですから、春らしく「菜の花のおひたし」を作ってみよう!と意気込んでみても、いざスーパーに行ってみたら「もう売っていなかった!」なんてことも多々あるのです。

そこで、菜の花の代用として使える食材を探すわけですが、菜の花の代用には小松菜やホウレン草、水菜などの青葉やグリーンアスパラガスなどが良く使われているそうです。

菜の花をスーパーで購入することができなかった時には、ぜひ代用品で試してみて下さいね。

小さい子供も大人も食べられるメニューはこちら
>>小さい子供も喜ぶ簡単おいしい菜の花レシピ

菜の花の花の毒のことも知っておいてね
>>菜の花の時期や毒と花弁について

春野菜の苦みが身体にいいらしいことも
>>春野菜が苦い理由には栄養が?

まとめ

いかがでしたか?

菜の花は、目で見て楽しむ観賞用と食べて楽しむ食用、そして菜種油などに使われるものがあり、それぞれ品種が違っていたようです。

なのでスーパーで購入する際には、まずは食用かどうかを確認することが大切ですね。

なお食用品の菜の花は、2月中旬頃から3月にかけてスーパーに並ぶことが多いので、まだ少し肌寒い時期にスーパーで売られていることが多いんですね。

春の訪れを知らせる菜の花は、気候が暖かくなる少し前にスーパーに並んでいるのです。

2月中旬頃からスーパーに行くたびに、少し気にしてみて下さい。きっと見つけることができますよ。

スポンサードリンク