母乳は餅を食べると詰まる?それとも増やす効果あり?その根拠は?


母乳をよく出す為にお餅との関係を聞くと「お餅を食べると母乳がいっぱい出る」という説。

そして「お餅を食べると詰まる・乳腺炎」になるという両者の説があってよく分からない!

というママのために、お餅は良いの?お餅は悪いの?

赤ちゃんにとって大事なお乳を詰まらせないために解説します!!

スポンサードリンク

母乳は餅を食べると詰まるの?


「お餅を食べると詰まる」というのも個人差はありますが、たしかにお餅を食べると「お乳が張る」「母乳が出やすくなった」との声もあります。

とは裏腹に、「乳腺炎になった」「お乳が張りすぎて痛い」「どろどろの母乳が出る・・」という声もあります。

ではなぜ、お餅を食べるとお乳に影響が出るのでしょう。

母乳に餅が与える効果はなに?


たしかに、実際に私はお餅で母乳量がふえました。

それは、お乳を生成するためにはカロリーが必要とされますので、お餅は母乳を作るのに絶大な効果があるんです!

ただ、昔ながらの話ですと「栄養・腹持ちがいい・エネルギーを作るたべもの」として「お餅をたくさん食べなさい!」となるのですが・・・

現代人のほうが普段から栄養たっぷりな物を食べて生活しているので、頑張って食べなくてはいけない食材ではないんですね。

反対に「お乳が詰まる」説についてですが、母乳を出さないと・・・

という使命感で一気にたくさん高カロリーなお餅を食べ続けることで母乳が濃くなり、ドロドロになり乳腺炎・乳口炎へまっしぐら。

母乳の質が悪くなるはこういったことですね。

これはお餅に限らず、「お赤飯」「おこわ」などももち米を用いた食べ物には気をつけましょう。

ここで、私の体験談として少しお話させてもらいます。

産後、退院してから祖母の家で生活していたのですが、やはり、食卓にお餅を並べてくれました。

当時私はあまり食欲がでず、少しずつしか食べられませんでしたが、お餅を1日1回ひとつ食べていました。

入院中ほんのわずかしか出なかった母乳も2時間昼ねしただけなのに服までお乳でびっしょりするくらい出るようになりました!

産後2ヵ月後には食欲ももどりお餅をやめていましたが
(お餅を焼くの面倒だし飽きたというのもありました・・・笑)

その後も余るほどではありませんが母乳がでていました。

私の場合は1度も詰まることもなく現在産後8ヶ月で卒乳しています!

授乳していた当時はお風呂でマッサージをするなど対策もしていたのもあるかもしれませんが、お餅を食べたから100%詰まるという訳ではありません。

個人差もありますが自分の体調をみながらうまく摂取するといい食材です!


スポンサードリンク

餅が母乳に与える影響の根拠は?


お餅が母乳になぜ悪影響もでるのか。

それはズバリ水分不足です。

お乳や母乳に影響がでてしまう根拠としてまず、母乳の約88%は水分です。

次に多い成分として炭水化物が挙げられます。

お餅やお米を母乳のために食べなくちゃ!

とがむしゃらにそれらだけを摂取しても水分不足の血液からできる母乳はドロドロの母乳・乳腺が詰まるなどの質の悪いとされる母乳になってしまうのです。

そこで気になるのが「ご飯ともち米そんな違うの?」と思いますよね。

「どっちも米じゃん」と。

実はかなり差があるのです。

カロリー
ご飯(100g)168kcal
お餅(100g)235kcal
炭水化物
ご飯(100g)37.1g
お餅(100g)50.3g

お餅100gとは約2個分
ご飯100gとは約お茶碗1杯分です。

母乳は知ってのとおり血液から生成されます。

お米とお餅を同じ量食べたとするとかなりの水分不足だと言うことが分かりますよね。

母乳が詰まらないようにするための予防として

●たっぷりの水分補給
●乳腺のマッサージ

それからここではお話していませんが、「冷え」にも気をつけてバランスの良い食事を取りましょう!

まとめ

「お餅を食べると母乳がいっぱい出る」根拠や、「お餅を食べると詰まる・乳腺炎」になる根拠をお伝えししました。

たっぷり水分を摂ることや、乳腺のマッサージで質の良い母乳を出して、赤ちゃんをすこやかに育てていきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする