知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

日本の行事

正月の餅に老人は注意!高齢者の食べ方で喉につまらない方法は?

投稿日:


お正月には定番の食べ物の中で大人も子供も老人や高齢者が大好きなのは、お餅ですね。

お雑煮にしたり、磯辺焼きにしたりと食べ方はいろいろありますが、そのお餅で心配なのは、お年寄りがお餅を喉につまらせて病院に搬送される事故です。

お餅以外でも、団子や大福などやはり粘り気の強い食品による事故もあとを絶ちません。

そこでここでは、喉につまらない方法や食べ方などをご紹介します。

スポンサードリンク

正月の餅に老人は事故につながらないように!


お正月に多いお餅による誤飲事故は、東京消防庁調べによりますと、過去10年の間でも100人を下りません。

過去5年間の月別で見ても、2月や12月は60人ほどですが、1月では200人を超えています。

やはりお正月にお餅を食べていての事故が圧倒的に多いのです。

東京消防庁の調べのなかで、お餅による誤飲事故の多くは主に12月~1月の年末年始が圧倒的とされています。

年齢も、60代~80代の老人や高齢者が多いです。

お年寄りがいらっしゃる家庭では、特に注意したいですね。

高齢者の餅の食べ方は?


小さいお子さんでも注意が必要ですが、特にお年寄り、高齢者や老人の場合は飲み込む力や噛む力が弱くなります。

合わせて唾液の分泌量も少ないので、咀嚼してある程度、物を柔らかくするのも時間が掛かります。

こうした場合のお餅の食べ方は、お餅は小さく切って飲み物と一緒に食べるようにしましょう。

そして高齢者がお餅を食べる時は、必ず誰かと食べることです。

ご家族の方が一緒にいる時が望ましいですが、同じ家にいても高齢者が自室など一人でお餅を食べるのは危険です。

必ずお餅は家族がいる部屋で一緒に食べるように決めましょう。


スポンサードリンク

餅を喉につまらないように食べる方法は?


お餅を上手に食べる方法をまとめてみました。

・小さく切って食べる
・飲み物と一緒に食べる
・家族がいるところで食べる
・よく噛んで食べる

など、主にこの4つが大事です。

小さく切るとはどのくらいかというと、よく言われる「一口大」ですね。

そして飲み物と一緒に食べる。

これにはお雑煮が一番いいですね。お雑煮はお汁も一緒に飲むことになるし、お野菜も入っているのでお餅を食べ過ぎないで済みます。

そして、ゆっくりよく噛んで食べる。

その時は必ず、ご家族や親しいお友達と一緒に食べましょう。

もう一つ注意する点としては、お喋りしながら食べるという行為。

お正月ですから、家族みんなで楽しくお喋りしながら食べたいですよね?

しかし、食べる行為とお喋りする行為を両方するのは、実は老人や小さいお子さんなどには、とても難しい行為になります。

よく小さいお子さんが、何か食べている時は凄く静かになるってママさんたちが言いますよね?

あれは正に食べるという行為に集中しているからです。

老人や高齢者と呼ばれる歳になると同じく、噛む力や飲み込む力が弱い上に話すというのは、大変な作業なんですよね。

その点をよく理解して、高齢者や子供が物を食べている時は、あまりむやみに話し掛けたり、返事を急かしたりせず、落ち着いて聞いてあげましょう。

またゆっくり食べらながら話したい時に話せる、そういう雰囲気作りをすることも大事ですね。

まとめ

お正月から口にする事の多いお餅です。

喉にお餅を詰まらせて事故になるような事にならないためにも、安全に食べやすい大きさに切るなどの事前の準備。

そして、食べる環境や状況にも十分配慮しながら、おいしく食べて、また1年元気に過ごしたいものですね!

スポンサードリンク

-日本の行事
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

端午の節句の菖蒲の飾り方と花菖蒲の違いは?どちらも飾るの?!

そろそろ端午の節句がやってくるので、菖蒲を飾らないと!と思っている方も多いでしょう。 スポンサードリンク 菖蒲は健やかな成長を祈願するためお風呂に入れますが、床の間に菖蒲を生けて飾るのも良いですよね。 …

節分の巻き寿司と方角や恵方巻きの決め方と由来!今年の方位は?

節分とは季節を分けることで、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言います。 その中でも立春(2月4日頃)の前日が、厄災落としや邪気退散のためのイベント豆まきが節分として広がり、節分と言えば立春の前日を …

年末の大掃除をしてはいけない日と順番や計画の立て方がコツ!

年末になると家の大掃除とお正月の準備で、主婦は大忙しです。 子供がいる家庭では、クリスマスや年末の買い出しもあり、1年間最後の月なので家もすっきり綺麗にして、新年を迎えたいですよね。 でも、掃除は年末 …

新盆の香典金額は親族の相場は?夫婦連名ならいくら?両親からだと?

・新盆or初盆=あらぼん、にいぼん、はつぼん 読み方は地域によって、多少違いがあります。 スポンサードリンク 新盆とは、故人の告別式から四十九日を過ぎて初めての盆の事をいいます。 初盆とも言いますが、 …

鯉のぼりはいつまであげる?年齢は?端午の節句を祝うのは?

男の子がいる家庭では、毎年5月5日の子供の日に鯉のぼりを飾る家庭もあります。 しかし、この鯉のぼりって子供が乳幼児期は毎年のようにあげていても、いつしか飾らなくなってしまいますよね? うちの息子も小さ …