目の下のクマの原因は男性ならくまやたるみが病気のサインかも?!

スポンサードリンク



男性も中堅ともなれば重要な仕事を任されることも多くなり、責任も重く忙しい毎日を送っていますよね。

鏡を見ると目の下のクマが目立ってきたり、よく見るとたるみも気になったりしていませんか。

やはり、疲労やストレスのせいかなと思っている男性!ちょっと待ってください。

ひょっとするとその目の下のクマがひどい場合は、病気のサインかもしれません。

目の下のクマやたるみの原因、目の下のクマを直す方法などについて解説します。

目の下のクマの原因に男性で多い理由は?


目の下のクマは、血行の不良により皮膚下の血管の色が見える状態のことを言います。

目の下のクマは色で分かれ、主に3つの種類と原因があると言われています。

①青・・・血行の不良:疲労・睡眠不足・ストレス・生活習慣の乱れなど。
②茶・・・色素沈着:アレルギー、花粉症などで、目の周囲をこすって皮膚に負担がかかったり、紫外線などで色素沈着を起こしてしまう。
③黒・・・目の下の皮膚のたるみ・へこみ:加齢・老化によるもので、目の周囲の筋力低下や肌が乾燥したりすると目の下が影のように見える。

男性では、日常的に生活の乱れや仕事の疲労・ストレスがあるので、青クマが多いと言われています。

目の下のくまとたるみの原因は違う?


目の下にできる、青くまや茶クマは、血行不良や色素沈着による実際に目の下にできます。

しかし、黒クマのように影がクマに見えるというのは、実際にはできずに見た目なので原因は違ってきます。

加齢や皮膚の潤い不足や目の周りの筋力不足によるへこみやたるんだ皮膚が原因なので、たるみに対する対策が必要になります。

目の下のクマは、疲労回復やストレス解消、生活習慣の改善など日常生活の上で対策を考えます。

たるみの場合は、これらに加えて皮膚自体の潤い補給などが必要となります。

ただし、皮膚の老化防止はなかなか難しいですね。

スポンサードリンク

目の下のくまの原因は病気のサイン?


注意する必要があるのは、クマがひどい場合は、何らかの病気になっているサインかもしれないということです。

目の下にクマができる原因と言われる主な病気を紹介します。

・鉄欠乏性貧血・・・鉄分不足により赤血球内のヘモグロビン量が減ることで、貧血が起きたり、血行不良から目の下にヘモグロビンが滞留してしまい、クマになるということもあります。
・うつ病・・・自律神経異常で血行障害が起き、目の周辺の筋肉の血液が順調に流れず、目の周辺が青白い肌のように見えます。
・バセドウ病・・・甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気で、眼球が前に突出してくるものです。

突出に伴って眼下の脂肪が盛り上がり出て、たるみ状態になって黒クマになります。

喉の甲状腺の腫れ、発汗、手指の震え、だるさや体重の減少などの症状がある場合は、早急に専門医の診断が必要です。

・肝臓・腎臓疾患・・・機能低下によって解毒作用や老廃物排除が滞り、血流が悪くなり目の下に血液が滞ることでクマになってしまいます。
・アトビー性皮膚炎・花粉症・・・下まぶた以外に目の周りが全体的にくすんだ場合は、アトビー性皮膚炎や花粉症によって炎症を起こし、色素沈着した茶クマになっている可能性が大きいです。

皮膚炎やアレルギーの専門医の診断を受けましょう。

アクアモイス

男性の目の下のクマやたるみの原因のまとめ

一時的な体調不良によるクマであれば、生活環境の改善などの対応ができます。

しかし、病気の場合は放置しておくとシミになったり、深刻な状態になることがあります。

クマに気づいた時は、念のため医療機関を受診して原因を確認し、医師の指導に従い適正な対応をすることをおすすめします。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする