防寒手袋で作業もキーボードもOK!自転車やスマホ操作可能グローブ!


寒い場所で、スマホやキーボードを操作することはありませんか?

指無し手袋なら操作できるけど指先が寒いですよね。

でも近頃は防寒用の手袋でも、キーボードやスマホを操作できるのが色々ありますよ。

どのようなタイプがあるのか、ご紹介します。

スポンサードリンク

防寒手袋をしたまま色々な作業がしたい!

寒冷地などの寒い場所で作業をする場合は、防寒手袋が必需品です。

そして作業内容により防寒手袋の構造も色々なタイプがあります。

・防水全面コート・・・防水機能があるので、雪、水回りの作業に使用できる。

内部が起毛しているタイプだとさらに暖かい。

・手のひら滑り止め加工・・・軍手の様な形状だが、内部を起毛させている軽防寒タイプ。

手のひらを滑り止め加工しているので、高いグリップ力がある。

・革製防寒・・・使い込んでいくと手に馴染む、耐久性が高い。

多用途に使える。

・防刃滑り止め・・・刃物を扱う現場で、手を保護するという役割を持つ。

金属が織り込んである。

・薄手防寒・・・細かい作業向き、指先の感覚が良い。

薄い物ほど防寒性が低い。

・背抜き加工・・・手のひら側と甲側の素材を変えたりすることで、通気性を良くしている。

長時間使用するときの蒸れ防止に良い。

・自衛隊グローブ・・・自衛隊用製品の開発メーカー商品。

インナー手袋付属で温かく、自転車、バイクに乗るときに使用する方が多い。

丸洗いできる。

キーボードが打てる手袋しかも防寒タイプ!

寒い部屋などで、キーボードを打てる色々な防寒タイプの手袋があります。

・指先なし・・・内側がシルクなどで暖かく、指先が出ているので、キーボードの操作がしやすい。

しかし、とても寒い部屋や屋外では指先が冷たくなります。

・薄手・・・タクシーの運転手などが使用しています。

綿製であれば蒸れにくいし、汚れたら洗えます。

・指先スライド・・・5本の指先を自由に出し入れができるので、タッチパネルや細かい作業ができます。

・手の甲カバー・・・手のひらはそのままで、甲の部分をカバーしているグローブ的な手袋です。

スポンサードリンク

自転車用手袋防寒仕様でスマホにも対応した商品

スマホ対応と言っても、防寒でなければ寒冷地では使えないですね。

でも、自転車用手袋の中には防寒とスマホの両方に対応する優れものがあります。

・F-TUBAMEⓇサイクルグローブ・・・親指、人差し指でスマホ対応・手のひらは5mmの耐震シリコンパット入・暴風、防雨、防寒対応・手のひらに蒸れ防止の小さな通気孔あり。

・HIKINGサイクリンググローブ・・・指先なしなので、スマホやタッチパネルの操作ができる・耐震シリコンパット入・軽防寒・蒸れ防止の通気孔あり。

・サイクルグローブEleovo・・・タブレット、スマホ対応・暴風、防雨、防寒対応・伸縮通気性抜群・親指の起毛生地で汗が拭ける

・価格880~980円。

まとめ

極寒の地や冷蔵室などの作業でなければ、サイクリンググローブが、ある程度の防風、防寒に対応できる構造であり、スマホやタッチパネルにも対応できるものが多いですよ。

手にフィットしてお洒落なデザインが多く、低価格なのでおすすめです。

スポンサードリンク