長谷寺は奈良の花の御寺紅葉の見ごろと時期!温泉も日帰りがおすすめ


もうすぐ紅葉の季節ですね。

木々が赤く色づいてとても綺麗で毎年見に行っている方も多いのではないでしょうか。

奈良の長谷寺は「花の御寺」といわれるほど1年中花や木々の美しさを楽しむことができます。

紅葉が最も見頃を迎える長谷寺の見所、いつ頃が見頃なのか、また、おすすめの周辺の日帰り温泉などをご紹介します。

年に1度の紅葉、下調べをしっかりしておいてキレイな時期に見に行きましょう!

スポンサードリンク

長谷寺の奈良花の御寺の紅葉見ごろ時期と見所


長谷寺の紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬、奈良公園は11月上旬から12月上旬です。

長谷寺は、奈良でも有名な「花の御寺(みてら)」といわれるほど通年、花が楽しめる奈良県桜井市にある総本山長谷寺です。

西国三十三ヵ所第八番札所になります。

車でアクセスしても、観光地からは離れている印象ですが、奈良市内と違い、道路も混雑することがないのでおすすめです。

山門横に駐車場があり、頂上の本殿までも歩いて10分ほどで到着します。

JR奈良駅から桜井線で桜井駅まで行き、近鉄に乗り換えて長谷寺駅まで行けば徒歩で約15分で行くことができます。

山門までの参道には名物の草餅が販売されているので、登廊を上がる前にひと息入れるにはちょうど良いですよ。

重要文化財の登廊(のぼりろう)は、階段で399段ありますが、なだらかで直線ではなく、曲がったりくねったりしているのでゆっくりと景色を見ながら登れば意外と頑張れます。

登廊の瓦屋根も一見の価値ありです。

紅葉とのコントラストが最高ですよ。

境内に入り、ゆったりとした階段を上がれば紅葉の美しさが目に飛び込んできます。

国宝の本堂の舞台から見える五重塔と紅葉が本当に素晴らしいです。

奈良長谷寺の紅葉の時期はいつ?


例年、長谷寺の色づきはじめは10月下旬です。

紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬になります。

紅葉する木の種類はイロハモミジ、ドウダンツツジ、イチョウ、カエデです。

長谷寺は境内が広く、日の当たる場所が異なるので、その違いにより長く紅葉を楽しむことができますよ。

長谷寺は入山料(中学生以上 500円、小学生250円)がかかります。

長谷寺の入山期間も時期で変わりますので注意が必要です。

(4月~9月)8:30~17:00
(10月~11月、3月)9:00~17:00
(12月~2月)9:00~16:30です。

間違いが無いように確認してから行きましょう。

スポンサードリンク

奈良の長谷寺近くの温泉おすすめ日帰りも!


奈良長谷寺の紅葉を見終わると、ゆったりと温泉に浸かって帰るのはいかがでしょうか。

日帰り温泉も可能な温泉を紹介します。

1、長谷寺温泉
・住所:奈良県桜井市初瀬828
・所要時間:近鉄長谷寺駅から徒歩15分
・営業時間 8:00~21:00
・定休日:不定(要事前確認)
・料金:大人600円、小学生400円
(タオルは200円で販売、平日などは温泉の清掃が時間もあるため要事前確認)

長谷寺温泉 井谷屋温泉の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

2、曽爾高原温泉 お亀の湯
・住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路830
・所要時間:車では約45分。
(公共交通機関では電車で長谷寺駅(23分)→名張駅、バスで名張駅西口(37分)→太良路、徒歩(28分))

・営業時間 11:00~21:00(12月~3月は20:30まで)
・定休日:水曜日(祝日は営業、翌日休業)、年末年始
・料金:大人 600円、小人 350円

曽爾高原の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

3、天然温泉かもきみの湯
・住所:奈良県御所市五百家333
・所要時間:車で約46分。
(周辺にバス停などがないため公共交通機関では行けません。)

・営業時間 10:00~23:00(最終入浴受付時間22:00)
・休館日:年数回、施設点検の為休館日有
・料金:大人 600円、小人 300円

長谷寺の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

まとめ

紅葉は期間が限られていているので下調べしておくことが重要です。

境内も広く、長谷寺は奈良の花の御寺(みてら)と呼ばれるほど、四季折々の花が楽しめるお寺です。

そこからお寺自体も見所が満載で、紅葉と合わせると本当に絶景ですので境内の散策を堪能してくださいね。

長谷寺の紅葉は様々な木があるため、色々な所の紅葉を見比べたりするともっと楽しめますよ。

スポンサードリンク