醍醐寺の紅葉を楽しむなら秋期夜間拝観で!京都観光の所要時間と混雑


京都醍醐寺は、リョウブ・モミジ・イチョウなどが庭園に立ち、秋を迎えると国内有数の紅葉の名所として、多くの観光客が訪れます。

日中の日本庭園や、寺院とのコントラストの美しさは見事ですが、ライトアップされる夜間の拝観も絶景との評判です。

その醍醐寺の夜間紅葉情報について、ご紹介します。

スポンサードリンク

醍醐寺の紅葉は秋期夜間拝観で楽しもう


醍醐寺の秋期夜間拝観の期間については、毎年11月中旬~12月上旬になりますが、正式な期間はまだ決定されていません。

平成29年は次のように行われました。

・夜間拝観期間・・・11月17日(金)~12月3日(日)
・拝観時間・・・18:00~20:50(20:10受付終了)ライトアップ
・拝観場所・・・醍醐寺 下伽藍(金堂・五重塔・林泉・無量寿苑など)
・拝観料・・・1,000円(20名以上の団体は、800円)

一般客よりも早く17:45から入場できる特別事前予約拝観券(1,300円・記念品付き)があり、醍醐寺HPから事前に申し込みができます。

利用当日に三宝院前の「事前受付」で支払いして、事前予約券と引き換えになります。

平日は、事前予約で早めに拝観する方や、境内で拝観客が分散するので、弁天堂付近以外は比較的混雑はしません。ただし土日祝日は、多くの人が訪れるので混雑します。

混雑を避けるには、特別事前予約をして早めに行くか、拝観時間受付終了の少し前の20時位が良いでしょう。

また、境内の他に拝観券売り場が混雑するので、早めに購入しておきましょう。

醍醐寺HP参照。

京都醍醐寺の紅葉の時期


醍醐寺を含めた京都では、11月中旬頃から樹木が色づき始め、12月上旬までが紅葉の見頃となります。

醍醐寺の秋期の拝観は、三宝院・霊宝館・伽藍の下醍醐の有料エリアを拝観できます。

・開門時間・・・10/15~12/10:9:00~17:00(入場は16:30まで)
・拝観料・・・大人1,500円・中高生1,000円・小学生以下無料

紅葉の時期なので、通常の拝観料よりは高い料金になります。

夜間ライトアップの時期は、日中の拝観時間が終了すると一旦閉門して、昼夜入れ替えの拝観になります。


スポンサードリンク

醍醐寺観光の所要時間と混雑具合


醍醐寺の通常の拝観は

・開門時間・・・3/1~12月第1日曜日:9:00~17:00(入場は16:30まで)
      ・12月第1日曜日の翌日から2月末日:9:00~16:30(入場は16:00まで)      
・拝観料・・・大人800円・中高生600円・小学生以下無料

一般的な見学所要時間(有料エリア内)は約90分と言われています。

醍醐寺境内はかなり広いので、閉門時間までには戻れるようにしましょう。

また、観光客が多くても広い境内で分散しているので、それほど混雑しているような印象は受けないと思います。

境内案内図で拝観コースを見ながら、効率的に回るのをおすすめします。

醍醐寺の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

まとめ

世界遺産となっている醍醐寺の紅葉の美しさは、名所の多い京都の中でも知られています。

漠然として見学に行っても混雑していることがあるので、醍醐寺のHPなどで、紅葉の状態を確認すると良いと思います。

できれば、昼間の紅葉と夜のライトアップされた紅葉を見比べると、感動もひとしおですのでおすすめですよ。

スポンサードリンク