飛行機の台風で払い戻しスカイマークなら?沖縄で欠航時の臨時便は?


沖縄への旅行といえば、飛行機に乗って行くのが主な方法ですよね。

休暇を沖縄の静かな雰囲気の中で満喫しリフレッシュするのは素敵な時間の使い方です。

しかし、飛行機以外に行く手段が少ないというのは、時に困ることもあります。

夏から秋にかけての時期は台風の発生が多いです。

台風となると多くの航空機が欠航になります。

帰りの飛行機の日程が丁度台風と重なってしまうと、足止めせざるを得ないですよね。

スカイマークという格安航空会社があります。

今回は、スカイマークの台風時の対応について紹介していきます。

スポンサードリンク

飛行機が台風で払い戻しスカイマークの手続き方法を解説


スカイマークの公式ホームページを見ると、台風による欠航の際には手数料無料で払い戻しができると記載があります。

では、払い戻しはどのような流れで行うのでしょうか。

まずは、払い戻しをしたい旨をスカイマーク側に伝えなければなりません。

通常の払い戻し手続きならば未搭乗の場合インターネットサイトでできるのですが、台風の欠航時にWEBで行ってしまうと通常のキャンセル扱いとなり手数料を取られてしまいます。

そのため、台風の欠航の際は以下の二通りの方法で行います。

・予約センターに電話する
・空港カウンターに直接出向く

この二通りとなります。予約センターは8時~20時30分が営業時間です。

また、場合によっては繋がりにくい可能性もあるとのことです。

空港内のスカイマークのカウンターに直接行っても、払い出しに応じてくれます。

どちらの方法を採るかは状況によって判断しましょう。

次に、返金についてです。

返金の流れは入金方法によって異なります。

・クレジットカード決済
クレジットカードで支払った場合は、カード会社経由で返金手続きを行います。

カード会社によって締め日が異なりますので、実際の返金日は確認が必要です。

・コンビニ入金
コンビニエンスストアで支払った場合は、コンビニのカウンターで返金をするか、金融機関への振り込みを行うかの二通りです。

好きな方を選択しましょう。

・旅行会社にて購入
旅行会社で支払った場合は、予約した旅行会社でのみ払い戻しを行うことができます。

この場合は旅行会社に連絡しましょう。

上記のように、入金方法に応じた返金手続きがありますので、注意しましょう。

沖縄に台風接近時飛行機欠航するスカイマークの判断基準


日本列島に台風接近中となると、飛行機が飛ぶか欠航かということをテレビやラジオで大きく報道しますよね。

実際によく飛行機を利用する人からすると、とても大切なことだと思います。

飛行機が結構するかどうかは各航空会社によって異なります。

「JALやANAはまだ運航しているのに、スカイマークは早々と欠航が決まった・・・」という経験はありませんか?

実際に、格安航空会社の方が欠航の判断が速いそうです。

安全性や様々なことから判断しているのでしょうが、スカイマークの欠航判断は速い、ということは理解した上で選ぶことをおすすめします。


スポンサードリンク

飛行機が台風で欠航した場合の臨時便を確保できる?


搭乗予定だった飛行機が欠航してしまった場合、払い戻しをせずに天候の回復を待った場合どうなるのでしょう。

スカイマークは振替輸送を手配してくれます。

スカイマークが選択した自社便や他社便での振替を行ってくれますし、その際の運賃はスカイマークが負担してくれます。

ただし、振替便を待つまでの宿泊費は出ないので、注意が必要です。

また、未搭乗の航空券はチケットの有効期限を延長することもできますので、格安航空会社の中でも比較的良心的な会社ですね。

まとめ

飛行機で行く旅行先では、帰りの飛行機の心配をしなければなりません。

もしもの事態が起こっても、先に対処方法を知っておけばそれが安心に繋がります。

「もしも」に備えて楽しい旅行をお過ごし下さいね。

スポンサードリンク