衣替えは収納ボックスに圧縮しコンパクトに!圧縮袋と防虫剤の使い方


衣替えの時期になると、着なくなった衣類を収納することになりますが、衣類がたくさんあると、収納場所を探すのに困ってしまいますね。

そういう時に、コンパクトに収納できる収納ボックスや圧縮袋などを活用し、効率的に整理できる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

衣替え衣類は収納ボックスを活用


衣類を整理する上で、便利なのが収納ボックスです。

押し入れやクローゼット、または壁際のスペースがあれば置くことができます。

種類も引き出しタイプや布製のファスナーで閉めるタイプ、多段式、1個ずつ重ねることができる物などがあります。

クローゼットや押し入れスペースには、引き出しタイプ、クローゼットの上や押し入れの天袋には布製のファスナータイプを置くと良いでしょう。

押し入れやクローゼットなどが無い場合は、多段タイプを壁際に並べて置くと、インテリアのように見た目もすっきりします。

収納する衣類は、靴下類、下着類、上着類、小物類、シャツ類など種類別に分けて収納すると、後で取り出す時もわかりやすいと思います。

家族が多い場合は、家族別に収納した方が良いですね。

シワが気になるシャツやジャケット、ズボンなどは、たたまないで丸めるように収納するとシワができないので安心です。

衣替え収納は上手に圧縮してコンパクトに


通常の収納よりも、さらにコンパクトにしたいときは、衣類圧縮袋がおすすめです。

圧縮袋に入れて空気を抜くことで衣類が圧縮され、より多くの衣類を収納することができます。

ただし、圧縮袋を使用する際に次のことに注意しましょう。

・袋に衣類を詰め込みすぎない・・・袋の端は1~2cmの余裕を確保するほうが圧縮できます。
・袋に入れるときは平らにたたむ・・・平らに圧縮したほうが収納が整理しやすいです。
・洗濯し、乾かしてから圧縮する・・・汚れたまま圧縮すると、シミやカビが発生することがあります。
・空気を抜きすぎない・・・コンパクトにするのにこだわり、空気を抜きすぎると、衣類にシワがよってしまいます。
・サイズに合うものを使用する・・・多くのサイズがあるので、衣類の大きさに合わせたものを使用しましょう。サイズが合わないとシワの原因になります。
・ダウンには使用しない・・・ダウンなどを圧縮すると、羽根が折れてふんわり感が無くなります。


スポンサードリンク

衣替えで圧縮袋の中に防虫剤を入れてもいい?


通常の収納には防虫剤が必要ですが、1シーズンや長期間着ない場合に、圧縮袋に防虫剤を入れるのはやめましょう

長期間防虫剤が衣類に密着していると、衣類が変色したり匂いが付いたりすることがありますので、注意しましょう。

まとめ

衣類を収納するために、ホームセンターなどで色々な収納アイテムやグッズが市販されています。

これらを活用して効率的な収納を行い、すっきりした衣替えを行いましょう。

スポンサードリンク