フロントガラスの凍結にはアルコールか水!?お湯かけた結果は?


冬の朝に出かけようとして車のフロントガラスが凍結していた時、一般的には解氷スプレーなどで融かします。

でも、解氷スプレーが無い時は、どのような方法があるのでしょうか?

フロントガラスの氷を融かすには、アルコール、水、お湯が良いという人もいますが、実際はどうなのでしょう。

その結果について、ご紹介します。

スポンサードリンク

フロントガラスの凍結にはアルコールって本当?


フロントガラスが凍結すると言いますが、実際はガラスが凍結するのではなく、空気中の水分が放射冷却によりガラス面で凍り付くということです。

その凍った水を融かすには、解氷スプレーを吹きかけるとアッという間に融けるので便利です。

その解氷スプレーの成分のほとんどは、アルコールです。

なぜアルコールで融かすことができるかというと、水が0℃で凍結するのに対してアルコールの凝固点は-114.5℃なのが理由です。

アルコールをかけることで、凝固点が下がるので溶けるということです。

そして、アルコール(エタノール)は市販されているので、自作で解氷スプレーを作ることができます。

スプレーボトル、解氷液(アルコール2に対して水1の割合)でオーケーです。

効果はほぼ同様なので、費用効果によっては試してみるのも良いと思います。

ただし、値段がほとんど変わらないという方もいますので、自分のお好みの方法で解氷しましょう。

フロントガラスの凍結時にかける水の温度は?


水は気温によっては、融かすのに時間がかかります。

また気温が低い場合に、かけている他の冷えている部分が凍りだしたりして、解氷効果が期待できません。

ぬるま湯の場合は、即効的解氷効果は一番でしょう。

ただし、お湯と同様にちょっと時間がかかるのと、くれぐれも熱くしすぎないようにしましょう。

30℃~40℃程度なら問題ないと思われます。


スポンサードリンク

フロントガラスにお湯かけた結果···!


フロントガラスが雪や霜で凍ったからといって融かす際にやってはいけない方法です。

フロントガラスは急激な温度変化に弱いので、いきなりお湯をかけると割れてしまう危険性があります。

よく水道管が凍った時に、お湯をかけて水道管を破裂させて大変になったという話と一緒です。

他の人が大丈夫と言っても、車によってはフロントガラスに傷が入っている場合もあります。

運悪くフロントガラスが割れてしまったら、取り返しがつきません。

まとめ

フロントガラスの凍結を解氷するには、解氷スプレーと比較して、水やぬるま湯、熱湯の方がほとんど無料ですが、それぞれリスクはあります。

気温が低い場合は、ギリギリに出発しようとしないで、ちょっと時間に余裕を持って、暖気運転である程度解氷することをおすすめします。

また、市販のフロントガラスの凍結防止カバーを使用するのも良いですよ。

スポンサードリンク