スポーツ大会の差し入れには果物を!試合で喜ばれるおすすめの品

知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

アウトドア・スポーツ

スポーツ大会の差し入れには果物を!試合で喜ばれるおすすめの品

投稿日:


スポーツ大会などで、応援に行きがてら差し入れを持って行くという方もおられると思いますが、スポーツ大会で差し入れするなら、やっぱりさっぱりと手軽に栄養と水分補給できる果物がおすすめです!

今回は、スポーツ大会の試合で喜ばれる差し入れの上手な選び方や、喜ばれる果物、ランキングなどをご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

スポーツ大会の差し入れの上手な選び方


スポーツ大会に持って行く差し入れは、どんなものを選べばいいのでしょうか?

基本的には、スポーツ大会ですからスポーツのジャンルに関係なく、手軽に水分補給できるものが良いです。

一番多いのは、飲み物ですね。

やはりスポーツをすると汗を掻きますから、スポーツの合間にさっと喉を潤せるドリンクは、差し入れされる側にとってはとても有り難いものです。

今は、コンビニでもどこでもたくさんの種類のスポーツドリンクが売られていますので、そうした物をケースで持って行ったりするのも良いと思います。

ただその場合、気を付けたいのは缶にするかペットボトルにするかです。

一見どっちでも良いような気もしますが、先ほどスポーツのジャンルに関係なくドリンクは有り難い差し入れだと書きました。

しかし、ドリンクが缶かペットボトルかによってスポーツのジャンルを意識した方が良い事もあります。

どういう事かというと、缶の場合は蓋を開けたら開いたままになりますから、その場から離れる時などに水平な所に置いておかないといけません。

対してペットボトルの場合は、キャップが付いていますから万一倒しても中身が零れ出る心配がありません。

これによってスポーツのジャンルを意識した方が良いのです。

例えば、マラソンとか自転車競技なんかだと常に移動してますので、この時に缶のドリンクなんか渡すと、立ち止まって飲み終えないといけないですよね?

しかしペットボトルなら、走りながらでもキャップをすればすぐにまた競技に戻れますし、合間に飲む事もできると思います。

ゆっくり休憩を取る時に飲むという事なら、缶でも良い場合もありますので、そういう場合は事前にいつドリンクを飲むか聞いておいたら良いと思います。

ドリンク以外の差し入れの場合でも、気を付けておいた方が良いポイントは次の通りです。

・開催されるスポーツのジャンルは何か?
・差し入れた物をいつのタイミングで口にするのか?
・季節や気候、(夏と冬で差し入れる物にもセンスが必要)

最後の季節や気候については、例えば同じドリンクでも夏はペットボトルなら2Lくらいでみんなに次いで上げるとか、1人に1本渡すなら1Lでも良いですが、冬はあまり水分量も多くないと思うので、500mlにするとかなどですね。

食べ物なら、夏は羊羹とかゼリーなど清涼感のある物など見た目の涼しさも演出できます。

そういった気を利かせた差し入れは、とても喜ばれると思います。

スポーツの差し入れなら果物が喜ばれる


スポーツの差し入れではドリンクも定番ですが、その次に喜ばれるのが果物です。

果物は、季節に関係なく手軽に栄養と水分が同時に摂れるので人気なのです。

みかんやグレープフルーツ、バナナなどひと口大にカットしてつまようじで刺して食べられるようにして持って行くと喜ばれます。

夏なら冷たく冷やしても良いし、凍らせておくのも良いですね!

バナナだと夏なら冷凍バナナにすると、これが結構使えるんです。

皮ごと1本冷凍したバナナは、首元を冷やしたり額にあてたり、程よく溶けてきたら皮を剝いて食べると、シャーベットみたいな食感でより一層美味しいですよね?

冬なら、溶かしたチョコレートに付けて食べるとちょっと暖かい感じがしてこれもなかなか美味です。

チョコレートに付けて食べるなら、みかんでもイチゴでもなんでも合いますよね?

昔、学校の部活などでマネージャーが柑橘系のフルーツを差し入れに持って行くという事が良くありました。

レモンの蜂蜜浸けなどは、人気でした。

蜂蜜は強い酸性なので、雑菌が繁殖せず強い殺菌性があります。

故に、スポーツの差し入れにはよく用いられました。

今でも、蜂蜜浸けにした柑橘系のフルーツを持って行く人もいるでしょう。

蜂蜜浸けは、割合どんなフルーツでも作れます。

よく使われるのは、レモンの他にグレープフルーツやオレンジなどは多いですね。

果物も注意したいのは、夏は特に食中毒の問題がありますから、カットフルーツにして持って行く場合は、なるべくなら持って行く時は丸のまま持って行き、選手たちが休憩する時にその場でカットして振る舞った方が新鮮でいいと思います。

見た目にも清涼感があって良いですし、果物はカットするとすぐそこから雑菌などが繁殖しやすくなります。

とは言え、荷物にもなるので、どうしてもカットして持って行きたいという場合は、なるべくならすぐ食べるという前提で、よく水洗いして冷凍するかクーラーボックスなどに入れて持って行くと良いでしょう。

ブドウなどは房のままではなく、バラしてよく水洗いしないと軸の所で菌が繁殖しやすいですので、注意が必要です。

スポーツの疲れを労うつもりで持って行った果物で、食中毒を起こしたなんて事になったら、いたたまれませんものね?


スポンサードリンク

スポーツの試合での差し入れ人気ランキングベスト5!


スポーツの試合に差し入れするなら、やはり手軽に飲食できる物が良いですね。

ゆっくり座って休憩時に飲食するというよりは、試合中にササっと摘まめる物を想定して差し入れする方が喜ばれます。

そこで、そうした正に試合中にサッと渡して、ササっと口にしてさっさと試合に戻れる!という事を想定した差し入れを選んでBEST5にしてみました!

★第5位★
・ピュアレ 生キャラメルチョコレート

ひと口サイズで個包装になっている物が、一袋に入ってるチョコレートです。

大皿にザーッと入れておいて、試合中に摘まんでポイっと食べられると良いと思います。

★第4位★
・スポーツキャンディー ブドウ糖

後味スッキリのグレープ味のキャンディーです。

ブドウ糖は頭と体の大切なエネルギー源ですから、試合の合間にエネルギーチャージできると嬉しいですよね!

★第3位★
・大福シリーズ

チョコ大福やイチゴ大福、ましゅろ~プリン味など好きな味が選べる大福シリーズです。

★第2位★
・コロンバン フールセック3号

いろんな味が50枚入ったクッキーです。

★第1位★
・ソイジョイ 機能性食品

6種類の味が入って、各2本ずつ入っています。1本食べきりサイズなのでスポーツの合間にピッタリですね!

独自に選んで勝手にランキングしちゃいましたが、ちょっと摘まんで食べるには良いんじゃないかなと思います。

全部、個包装になっているので、包装袋は摘まんだその場で捨てられるようにショッピング袋などでゴミ袋を用意しておくと良いと思います。

ランキングにドリンクがないですが、ポカリスエットやアクエリアス、エネルゲン、ウイダーインゼリー、VAAM、などたくさんありますので、いろんな種類を持って行くと良いですよ!

ドリンクは、2Lのペットボトルを買って持って行って、みんなで勝手に開けて飲んで貰えるようにしても良いと思います。

まとめ

スポーツ大会などの場所で出す差し入れは、休憩時だろうが試合中だろうが、基本的には手軽に飲食できる物がいいです。

「一口サイズ」で「個包装」になっていて、口や手、ユニフォームなどを「汚さない」もの、そしてできるだけ箸やスプーン、フォークなど物を使わず「手掴みできる」ものが望ましいですね。

また、夏場など暑い季節は、食中毒も視野に入れた食べ物を心掛けましょう!

スポンサードリンク

-アウトドア・スポーツ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海水浴には電車で関東のきれいな海とファミリー向け海岸のおすすめ!

夏と言えば海水浴ですが、海遊びの後の車の運転は結構しんどいものですよね。 スポンサードリンク 日本全国に海水浴場はありますが、特に関東の場合は列車網が行き届いている国内屈指のエリアですから、目的地によ …

鹿児島の潮干狩りでハマグリが採れる場所と有料の穴場スポットを紹介!

春になると海岸の砂浜で、しゃがみ込んで貝拾いや貝を掘り当てたりする潮干狩りの姿を見かけますよね。 潮干狩りで採れる貝はアサリが最も多く、他にはハマグリ、バカガイ、マテガイなどが知られています。 今回は …

雪合戦はルール簡単公式スポーツ!子供の遊び方とガチな国際ルール!

雪国では冬になると、子供たちが雪玉を持ってぶつけ合って遊ぶ、雪合戦が盛んですね。 テレビでも雪が降ると、雪玉を作って人にぶつけるシーンは、初雪のニュースや冬の光景で当たり前のように見かけます。雪国の子 …

運動会でカメラの踏み台や脚立が迷惑にならないための工夫と注意点!

いよいよ幼稚園に通う我が子の初めての運動会が迫ってきましたね。 奥様からも子供の運動会での様子をカメラにちゃんと撮るように命令を受けているうえ、当然ご自身もそのつもりですよね。 そこら辺のお父さん連中 …

鹿児島マラソンならではの食べ物!宿泊おすすめとおもてなし給食!

九州の鹿児島で開催される「鹿児島マラソン」は、2018年で2年目を迎えます。 スポンサードリンク 冬は観光客が低迷していたので、なんとか観光客を呼び寄せようと2014年に鹿児島市スポーツ課が、マラソン …