太股を細くする筋トレ・ストレッチ!痩せる為のウォーキング術紹介!


痩せたい!と願い、いろんなダイエットに挑戦した人は多いと思います。特に女性には永遠のテーマのようですよね?

一番痩せにくい部分として、お腹周りや太股などが上げられます。

特に脚痩せに関して、太股が思うように細くならないと嘆く女性は少なくありません。

ここでは太股を細くするための、筋トレやストレッチ、ウォーキングの効果的な方法をご紹介します!

スポンサードリンク

太股を細くする為に筋トレのおすすめ

太股って足の付け根からつま先までの形状上、太股が一番目立つ部位です。

ふくらはぎに比べると、どうしても太股が太く見えてしまいます。

重たい胴体を腰で支え、尚且つ太股がそれをサポートしています。

そのため、ウエストから太股に掛けてはガッチリするのは、ある程度は仕方ない事なのです。

しかし、だからと言って諦める事はありません!

身体を支える役目をしながらも、しっかり引き締まった太股を作る事はできるのです!

それには、まずは筋トレから始めるのが一番です!

いきなりジョギングやウォーキングをやっても、使われていない筋肉もあるので、綺麗な太股を作る事はできませんし、それが痩せにくい原因にもなっているのです。

分かりやすく言うと、筋トレはまずは筋肉のウォーミングアップという事ですね!

筋トレだけで脂肪が燃焼する事はありませんが、「これから運動しますよ~」という信号を送る(筋トレをする)事で、身体がそのつもり(筋肉が動く)になってくれるのです。

まずは筋トレで眠っている筋肉を起こしましょう!

≪太股の筋トレ≫

太股の筋トレをするには、太ももの前と後ろ、そして太股の右と左それぞれに負荷が掛かるように運動する事が、効果的です。

普段の歩行や生活の中で使われている筋肉は、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋・だいたいしとうきん)が主です。

実はこれが、太股の痩せにくい原因でもあるのです。

歩く事で、太股の前ばかりが鍛えられているような状態なんですね。

ですから、どうしても太股が太く見えてしまいます。

普通に歩く分には、鍛えられているという程の運動量ではないのですが、それでも使っている以上、他の使われていない筋肉よりは、はるかに運動量が多い事になります。

ですから、太股の筋トレを行う場合は主に太股の内側(内転筋・ないてんきん)と、太股の後ろ側の筋肉(ハムストリング)の筋トレが重要になります。

ここは、普段の生活では殆ど運動と言える程の動きをしていません。

≪内転筋とハムストリングの筋トレ≫

殆ど効果的に使われていない筋肉、内転筋とハムストリングの筋トレ方法は、簡単に言うと「前屈」と「スクワット」を同時にやる事です。

やり方は、以下の通りです。

前屈運動
1:両手を胸の前で交差させる。
2:両足を肩幅より少し広めに広げてつま先は外側に向けて立つ。
3:足の付け根から身体を前に倒すイメージで、5秒掛けて状態を前にゆっくり倒し、5秒掛けてゆっくり元に戻す。

スクワット
1:両手を胸の前で交差させる。
2:両足を肩幅くらいに広げ、つま先は外側へ向ける。
3:5秒掛けて、足の付け根から曲げるイメージで、両膝と腰が平行になる位までゆっくり曲げる。
(キツイ時は、平行に近い所まででOKです)
4:5秒掛けて、ゆっくり元に戻す。

この前屈とスクワットを1回とし、20回やります。

最初はキツイと思いますので、10回を1セットとして2セット20回でもいいです。

できるだけ毎日が良いのですが、最初は思い付いた時にやる位の気持ちで初めてみてくださいね。

太股を細くするストレッチのやり方


筋トレの次は、ストレッチです。

これは、筋トレで刺激された筋肉を伸ばして、筋肉に掛かった緊張を解きほぐす意味があります。

しかし、筋肉を休めるのとは違います。

ストレッチをする事で、筋トレで掛かった筋肉の緊張をほぐし、ストレッチでしっかり筋肉を伸ばす事で、緊張をほぐすと同時に筋肉の伸縮を最大限まで可能にします。

つまり、十分に伸ばして十分に縮ませるようにするという事です。

それにより、次の運動をスムーズに行う事ができるのです。

朝起きた時や、疲れた時などに大きくノビをすると凄く気持ちが良いですよね?

あれは、正に筋肉が十分に伸びているから気持ちがいいんです。

普段の生活では十分に筋肉は伸ばしきれてないので、運動する時は必ず、筋トレやストレッチでウォーミングアップしましょう!


スポンサードリンク

太股痩せの効果的なウォーキング方法


最後は、皆さんお待ちかね?のウォーキングです。

これまでの筋トレとストレッチで、身体の筋肉は十分に柔軟になっているはずです。

この時点で、身体が軽く感じない場合は、まだ十分な筋トレやストレッチが出来ていない事になります。

身体が軽く感じる事が、これまでの運動がしっかり出来ていた合図になるので、そしたら最後の種目ウォーキングを始めます。

ここで注意する事は、ウォーキングとは普段歩いている状態とは全く違う運動であるという事です。

普段歩いている状態をそのままやってしまうと、今まで何のために筋トレやストレッチをやったのか、意味が分からなくなります。

ウォーキングは、普段の歩行とは全く別物の運動(スポーツ)である事を覚えておきましょう!

今までの運動で、身体や特に脚は柔軟に動く事ができるようになっています。

正しいウォーキングのやり方

1:歩く時は、少し大股で普段より少し速く歩く。

2:両手は、軽く握りこぶしをして肘をしっかり後ろへ引くように振る。

3:一定のリズムで、30分~60分(できれば継続して)歩く。

慣れるまでは、最初は30分だけでもOKです。

毎日やる事が望ましいですが、初めは週に3日程度から初めても良いです。

慣れてきたら徐々に回数を増やして行きましょう。

晴れた日は外でウォーキング、雨など天候の悪い日は家の中でその場ウォーキングするのも、メリハリができて良いですよ!

因みに、その場ウォーキングする時も、両手を前後に大きく振って、足は膝と腰が平行になるまで上げます。

疲れてくると下がってくるので、足に意識して太股を上げるようにしましょう!

今まで特に、運動という運動をしていなかった人にとっては筋トレからストレッチ、ウォーキングと工程を踏んでいくだけでも大変な事かも知れませんね?

最初から「運動するぞ!」と意気込んでしまうと、やはり続かなくなるので、初めは「思い立った時!」とか「時間が空いた時」と思っていて良いと思います。

又は、「何曜日にやる」と曜日を決めておくことも、続けていける方法でもあります。

身体が慣れてくれば、考えてなくても身体が勝手に筋トレを始めていますので、それまではのんびり考えていて良いと思いますよ。

まとめ

・太股痩せは、まずは筋トレとストレッチから始める!

・太股の内側(内転筋)と太股の後ろ側(ハムストリング)を鍛える!

・ストレッチは普段伸ばしきれてない筋肉を十分に伸ばすように意識して行う!

・ウォーキングは、普段の歩行とは違い立派な運動(スポーツ)である!

・歩幅を広く、両手を大きく振って早歩き!

・始めは週3日程度から始めよう!

スポンサードリンク