墓参りは平服で手ぶらで良いの本当の意味?嫁失格を回避する秘訣!


お墓参りは、お彼岸、お盆、個人の命日、回忌法要などに行くほか、思い立った時にいつ行っても構わないものとされています。

でもお嫁さんが、お盆に夫の実家のお墓参りに行くときに、平服で手ぶらで良いと言われた場合、本当に普段着で手ぶらで良いのでしょうか?

自分だけが浮いた服装にならないか心配ですよね。

平服で手ぶらで良いとの本当の意味と、嫁失格を回避する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

墓参りの平服って普段着ではない


女性の場合の平服とは

・冠婚葬祭などの略正装・・・留袖に対する色無地やフルドレスに対するドレッシーなワンピース、ツーピースなど。

本来は礼服のところを正礼装、準礼装でなくてよいという程度の意味です。くだけた普段着や街着は含みません。

・一般的な平服・・・日常的に着る普段着ですが、ジャージ姿やパジャマではありません。

改まった席に出ても、恥ずかしくない服であれば良いでしょう。

スーツ、パンツスーツ、ワンピースなどカジュアルなものでもOKです。

お墓参りの場合は、お墓掃除をすることがあれば、動きやすいパンツスーツが良いと思います。

また、普段着でも派手で華美な服装やミニスカート、タンクトップやハイヒール、サンダルは避けましょう。

アクセサリーも長いネックレスや光物はNGです。

墓参りに手ぶらで行くのはありか?


手ぶらで良いという言葉には、主に次の意味があります。

・お墓参り用のお供え、供花など、すべて実家で用意してある。

・霊園の規則で、お供え、供花などを禁止している。

・お供え、供花などは、持ち帰るので最初から持って行かない。

・たくさん持っていっても、全部供えることができないので、実際に手ぶらで良い。

その霊園の規則や地方のしきたりがあるので、お墓参り自体は手ぶらでも良いでしょう。

ただし、お線香くらいは持っていき、お墓でなく仏壇用に供えてもらうようにした方が、実家の受けは良いと思います。


スポンサードリンク

墓参りの服装ひとつで嫁姑問題勃発?


夫の実家のお墓参りへ平服で行くには、グレーや紺など控えめの色のワンピースかパンツスーツ、靴は光沢のない黒い靴、パンプス、肌の露出はなるだけ控え肌色か黒のストッキングがおすすめです。

ちょっと堅い感じがするかもしれませんが、最初のお墓参りのときは、控えめの服装で行くほうが無難ですね。

派手なミニスカートやラフな服装で、だらしないと思われるよりも、礼儀があると思われるほうが良いですよ。

嫁姑が仲の良い時はいいですが、何かのきっかけで、うちの嫁はお墓参りの時に派手な服装で来て、だらしなくて恥ずかしかったと言われかねないですからね。

何回かお墓参りを重ねていくうちに、徐々に自分の好みの服装へ替えていきましょう。

まとめ

実家へ気を使わなければならないお嫁さんも大変ですね。

でも、このような時にこそ、夫の実家とコミュニケーションを取って、落ち着いてお墓参りに行きましょう。

スポンサードリンク