ゼリーを手作りすると日持ちや賞味期限は?ゼラチンなら冷凍できる?


簡単に作れる夏のおやつといえば、手作りゼリーですよね。

一回にたくさん作って食べたい時に食べることができれば理想ですが、手作りゼリーに賞味期限があるため注意しなければなりません。

今回は手作りゼリーの賞味期限や、冷凍保存についてご紹介していきます。

これからの夏にぜひ参考にして、お家で手作りゼリーを作ってみてください!

スポンサードリンク

ゼリーを手作りしたときの日持ちは?


一般的にゼリーを手作りした場合の日持ちは、冷蔵庫で2日間が目安です。

2日以上が経過すると味が落ちてしまうことと同時に、見えない雑菌が増え始めます。

消費期限が2日以内ではないため、絶対に食べられなくなるわけではありませんが、時間が経つにつれて味も落ちていくので、2日以内に食べきることをおすすめします。

手作りゼリーの賞味期限はゼラチンの分量で変わる?


先ほどご紹介しましたが、手作りゼリーの一般的な日持ち日数は2日間です。

では寒天やゼラチン、アガーでそれぞれ日持ち具合は違うのかというとそうではありません。材料や分量に関係なく、ゼリーを手作りで作った場合の賞味期限は2日間です。

なので、ゼラチンの分量によって賞味期限が変わるということはありません。

2日間という期限はあくまで、味の落ちや雑菌の繁殖がでてくると言われている期限なため、明確な賞味期限は保存状態や材料によって違うので一概に決まっているわけではありません。

しかし、手作りのゼリーを安心して美味しく食べられるですので、できる限り作ったその日か、遅くても次の日には食べきるようにしましょう。


スポンサードリンク

ゼリーを手作りしたら冷凍保存できるの?


手作りゼリーは冷凍することはできますが、食感が大きく変わってしまいます。

寒天やゼラチンで作ったゼリーは、冷凍すると離水してジャリジャリになってしまい、解凍しても元の手作りゼリーには戻りません。

あえてシャーベットのような食感で味わいたい場合は寒天やゼラチンで作ったゼリーを凍らしてみるのもよいですね。

また、冷凍しても食感が変わりにくいのは、アガーを使ったゼリーです。

例えば、市販のゼリーを凍らせて解凍後に食べられるのは、ほとんどアガーを使って作られたゼリーだからです。

冷凍保存での日持ちは2週間に伸びるため、一度に沢山作って長期保存したい場合は、アガーを使ってゼリーを作りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ゼリーを手作りした場合は、思ったよりも賞味期限が短いので驚きですよね。

食中毒など心配せずに安心して食べるために、食べきれるだけの量だけ作るようにしましょう。

スポンサードリンク