厚木鮎祭りの時間と開催場所をチェック!花火大会の打ち上げ場所!


夏になると花火大会が各地で開催されますよね。夏の花火大会は、お祭りと同時に開催される場合が多いようです。

昼間は屋台やイベントで大盛り上がりし、夜は花火大会を満喫すると言った、言わば夏の一大イベントとも言えるでしょう。

神奈川県厚木市で毎年行われている「あつぎ鮎祭り大花火大会」も、そのうちのひとつで、昼も夜も楽しめるお祭りとなっています。

そこで今回は、「あつぎ鮎祭り大花火大会」の開催時間や場所などについてまとめてみました。機会があればぜひ行って診て下さいね。

スポンサードリンク

厚木鮎祭りの時間とスケジュール


神奈川県厚木市で毎年開催されている「あつぎ鮎まつり大花火大会」は、毎年8月の第1土曜日に行われています。

「あつぎ鮎祭り」自体は土曜日と日曜日の2日間開催されているのですが、大花火大会は土曜日に開催されますので、今年の2018年で考えてみると、8月4日の土曜日に開催されることになります。

今年で72回目の開催となりますので、伝統あるお祭りのひとつですね。

花火の打ち上げ時間19時から20時半までとなっています。

万が一、天気が良く無い場合には、翌日の日曜日の同時刻に延期になる予定です。

ちなみに「あつぎ鮎まつり」では、土曜日の13時15分頃からオープニングパレードが開催され、ダンスやパフォーマンスステージ、出店などを楽しむことが出来ます。

土曜日の夜には花火を満喫し、翌日の日曜日は早朝から清掃活動や小学生たちによる鮎のつかみどりや厚木中央公園ではイベントなども執り行われ、昼からは御神輿や民踊おどりなども楽しめます。

厚木鮎祭りの開催場所を詳しく紹介


厚木市で行われる「あつぎ鮎祭り」は、神奈川県厚木市にある厚木中央公園や中町公園、厚木公園(はとぽっぽ公園)、中央通り、厚木なかちょう大通り、本厚木駅周辺の商店街、そして相模川河川敷周辺で毎年開催されています。

各会場で様々なイベントが行われていますので、事前にチェックしておくと良いかもしれませんね。

ちなみにJR相模線の厚木駅からなら、徒歩で15分程度で到着します。

車で行く場合には、近隣に有料駐車場はありますが、花火大会のある土曜日はかなり混雑すると思いますので、お昼前頃には駐車場に入れておくことをオススメします。

あつぎ鮎まつり大花火大会の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】


スポンサードリンク

厚木鮎祭り花火大会の打ち上げ場所は?


花火大会の開催場所は、相模川中津川小鮎川3つの川が合流する河川敷で開催されています。

毎年約53万人もの人が訪れると言われている「あつぎ鮎祭り大花火大会」は、開催場所でもある相模川の河川敷はかなりの人込みで大変混雑しています。

昼頃から花火の場所取りをしている人も多く見受けられ、始まる直前には入場規制が行われることもあるぐらいの混雑ぶりなんですね。

少しでも人込みを避けたいのであれば、相模三川公園ららぽーとの海老名駐車場河畔公園などが穴場スポットとしても有名です。

小さなお子様連れの方は、穴場スポットから眺める花火の方が、ゆったりと楽しめるかもしれませんね。

「あつぎ鮎祭り大花火大会」での見どころは、相模川を横断するほどの大迫力のナイアガラですね。

フィナーレの名物とも言われるほどのナイアガラ花火は、辺り一帯がまるで昼間のような明るさに包まれます。

さらに、ものすごい勢いで打ちあがるスターマインも見逃せません!

瞬きするのももったいないぐらい、次から次へと打ち上げられる花火の様子は、まさに圧巻!の一言に尽きます!

まとめ

いかがでしたか?

夏は夏祭りに花火大会など、楽しいイベントが目白押しですよね。中でも花火大会は、小さなお子様からお年寄りまで、全ての年齢層の人が楽しめるイベントでもあります。

予定があえば、ぜひ足を運んでみて下さいね。

スポンサードリンク