知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

花火大会・イベント

火を使わない屋台で子供会のお祭り料理!子供が喜ぶ飛びつくものは?

投稿日:


夏のイベント「夏祭り」はいつの歳になってもワクワクするものです。

もちろん子供たちも、夏のお祭りを楽しみにしていると思います。

今回は、そんな夏祭りで子供たちの安全を考慮し、火を使わない屋台での料理方法や、子供たちが飛びつくおすすめメニューをご紹介していきます!

今回の記事を最後まで読めば、今年の夏のお祭りはきっと盛り上がりますよ!

スポンサードリンク

火を使わない屋台で美味しい料理を作るコツ教えます


最近はお祭りの屋台用の器具をレンタルできるということをご存知でしたか?

例えば、ポップコーンマシーンはレンタルが可能です。

火を使わなくても器具を使えばOKで、返却時には掃除もしなくても返却できるので手間がかかりません。

材料も同時に買うことができ、テーマパークや遊園地と同じようなクオリティーが再現できるのでおすすめです。

後片付けもなく簡単、そして本格的な屋台の出店ができます。

子供会のお祭りで屋台を出す為に準備する物は?


一般的には、テーブルと料理を作る機材があれば屋台は作れます。

テントなども設置して、熱中症を防ぐ形もありますが、多少の手間は覚悟ですね。

食中毒やばい菌の増殖を防ぐために、ハンドソープや除菌液などは必ず用意しましょう。

また、お祭りということなので、子供たちが好きそうな飾り付けや屋台名のポップなど、カラフルで気分が上がる飾り付けを心がけると、きっと子供たちも喜びます。


スポンサードリンク

火を使わない料理で子供たちを満腹にさせる方法


火を使わない料理で子供たちが満腹になってくれるには、火を使わず子供たちが興味をひく料理を作らなくてはなりません。

ここでは火を使わない料理で、子供たちが飛びつくメニューをご紹介していきます。

・フライドポテトまたはハッシュドポテト
定番のフライドポテトは子供でも飛びつくメニューですね。

ですが火を使い油の管理が大変なことが難点です。

そこで、火を使わず解凍だけでできるポテトや、ハッシュドポテトがおすすめです。

また電気で調理できるものもあるので、鉄板やホットプレートを用意するだけで楽チン&美味しいフライドポテトやハッシュポテトを作ることができます。

・ポップコーン
人気のフレーバーがたくさん作れるポップコーンは匂いにも誘われて子供たちには大人気のメニューですね。

こちらは、先ほどご紹介しましたが、ポップコーンメーカーをレンタルして調理するのがおすすめです。

作業も簡単なことから、子供たちも一緒に作ることができますね。

・かき氷
暑い中行われる夏祭りには冷たいものが必須です。

シロップをたくさん用意することで、子供たちは食いついてくれますね。

大量に作らない場合は家庭用のかき氷機で十分ですが、量が必要な場合はお祭り用のかき氷機をレンタルしてもいいかもしれません。

子供たちの熱中症対策にも、かき氷はかかせませんね。

・綿菓子
綿菓子も子供たちには絶大な人気があります。割り箸があれば簡単に作ることができ、子供たちも一緒にくるくるすることができますね。

綿菓子マシンもレンタルを行っていますので、簡単に作ることができます。

・クレープ
ミニクレープならば、大量生産する際も少量で作れるので具材の準備など少なくすみます。

生地は当日、事前に大人が用意して具材だけを並べ、セルフ式でワイワイ楽しむのが理想ですね。

生クリームや生物の具材の管理だけはしっかりと行いましょう。

・ワッフル
現在ではワッフルメーカーがあるので、大量生産にはむかないですが、お祭りではなかなか珍しいメニューを作ることができます。

トッピングはソースだけなどにし、ワッフルの形を子供たちに楽しんでもらいたいですね。

・チョコバナナ
なんといってもお祭りの定番ですが、バナナの色が悪くならないように管理することが大変です。

下ごしらえや溶かしたチョコをバナナにつける手間など、意外と難点があるので状況に合わせて検討しましょう。

・冷やしきゅうり
一見大人が好きそうなメニューですが、意外と子供もくいつきます。

事前にきゅうりを塩で漬け込んでおけば、当日は楽チンですね。

こちらも子供たちの熱中症対策にはもってこいのメニューです。

・ラムネ&サイダー
もちろん屋台の食べ物は大好物ですが、やはり夏は喉が1番乾くのでジュースの準備を忘れずに。

炭酸が入っているものなら、子供たちもお腹が膨らみますね。

炭酸が苦手な子もいると考えて、お茶やオレンジジュースなども用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供たちは夏も大好き、お祭りも大好きです。

夏の思い出を作ってもらえるように、子供たちが満足してくれるような企画を考えましょう!

スポンサードリンク

-花火大会・イベント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新潟の花火といえば冬の越後妻有!妻有の闇夜の雪原ショー!

花火大会と言えば、夏の風物詩として夏休みの時期に開催することが多いです。 毎年、夜空に打ち上がる光と音の一大イベントとして、全国各地で盛大に花火大会が催されます。 特に新潟の長岡の花火は有名ですが、花 …

ハロウィンの渋谷が混雑する時間と人数!ゴミ拾いが偽善と言われる理由

近頃は日本でもハロウィンになると、各地でイベントが開催され、仮装をした人達が街を練り歩いたりしています。 スポンサードリンク でも仮装者が大勢集まる場所では、トラブルやゴミの散乱などが問題となっていま …

熊本江津湖花火大会の日程と開催場所へのアクセス!観覧席で見るには

昨年は雨が降る中で大輪の花を美しく咲かせてくれた江津湖花火大会でしたが、今年の開催日なども正式に発表がありました。 スポンサードリンク そこで今回は、2018熊本復興江津湖花火大会の日程や会場へのアク …

広島フラワーフェスティバルの雨天時のおすすめ場所や楽しみ方は?

広島で5月に行われるフラワーフェスティバルは雨のジンクスがあります。 雨だと楽しめないかな?と思って不安になっていませんか? しかし、雨でも楽しめる場所がたくさんあります。 雨で楽しめる場所や、雨での …

青森ねぶたは観覧席がおすすめ?祭り観覧なら席の場所はどこが必要?

青森ねぶた祭りは、青森市で8月2日から7日にかけて開催される東北三大祭りの一つです。 毎年延べ250万人以上の観光客が訪れ、その豪華絢爛なねぶたの雄姿を楽しみます。 運行コースではねぶたが待機し、スタ …