知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

美容・健康

日焼け止めのspf値は時間で選び方を変えて肌負担にサヨナラ!

投稿日:2018年5月22日 更新日:


紫外線は春先頃からだんだん増えていきますので、真夏でなくても日焼け止めは必須アイテムですよね。

そんな日焼け止め、皆さんはどのような選び方をしていますか?

日焼けはしたくないけど、日焼け止めを塗ることでお肌に負担がかかるのも事実です。

出来ることなら少しでもお肌への負担が少ない状態で、日焼け止めを使いたいですよね。

そこで今回は、spfの数値とその効果の時間など、なるべくお肌への負担を減らしたい人のために、正しい日焼け止めの選び方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

日焼け止めのspfは時間を数値化したもの


そもそも日焼け止めに記載されている「spf」って何の数値か知っていますか?

「spf50」だの「spf30」だの、日焼け止めにはたいてい記載されていますよね。

実はこの「spf」は、「sun protection factor」の略なんです。

この「spf」と呼ばれる数値は、紫外線UV-Bを防ぐチカラを表しています。

この紫外線UV-Bは、意外と強い日焼けを起こす紫外線で、短時間浴びただけでもお肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリしたりするような日焼けをすることがあるんですね。

ですので、この「spf」の数値が大きくなればなるほど、紫外線UV-Bをたくさん防いでくれることになります。

分かりやすく時間で説明すると、「spf1」の日焼け止めであれば紫外線UV-Bを約20分前後防ぐことができます。

この計算で行くと、「spf40」であれば20分×40=800分となりますので、およそ15時間前後は日焼けを防ぐことができる計算になるわけです。

日焼け止めの「spf」の数値は、日焼けを防ぐ時間を表したものだったんですね。

日焼け止めのspfの選び方とPAとの違いは?


日焼け止めの「spf」の数値が日焼けを防ぐ時間を表しているのであれば、日焼け止めはその日その日に合わせて選ぶのが一番良いのかもしれません。

「spf」の数値が大きければ大きいほど紫外線のダメージからお肌を守ってくれますので、例えば海や川などのアウトドアでは「spf50」の日焼け止めを選べば良いわけです。

その一方で、ちょっとした買い物に出かけるだけだったり、1日のうちほとんどを室内で過ごす場合には、「spf30」ぐらいの日焼け止めでも十分なのです。

ちなみに、「spf」の数値だけにとらわれていましたが、実は日焼け止めには「PA」の数値もあることをご存知ですか?

この「PA」は、皮膚の奥の奥にまで届く紫外線UVAに対する効果レベルを表しているものなんです。

この「PA」が低い場合、紫外線UVAが肌の奥にまで浸透し、組織を破壊し始め、やがてシミやシワの原因を作り出します。

そのため、日焼け止めを選ぶ上で一番重要なのがこの「PA」なんですね。

「spf」は日焼けを防ぐ時間を表しているだけですが、「PA」はお肌の奥の奥へ届く紫外線を防いでくれますので、日焼け止めを選ぶ際にはこの「PA」にも着目することが大切なのです。


スポンサードリンク

日焼け止めspfが肌に負担になる高さ


日焼け止めを選ぶ時って、ついつい「spf」の数値が高い物を選びがちになっていませんか?

確かに「spf」の数値が高ければ高いほど日焼けはしにくいのですが、その分、お肌への負担は強くなってしまうのです。

日焼けはしなくても、お肌はカサカサでボロボロ・・・。なんて事は絶対に避けたいですよね。

では、日焼け止めの「spf」の数値がどれぐらいの数値になればお肌への負担が強くなるのでしょうか?

まず「spf50」との表記がされている日焼け止めには「紫外線吸収剤」と呼ばれる成分が含まれていて、この成分が紫外線をいったん吸収し、その後、エネルギーに変えて外部に放出してくれるため、日焼けしないようになっているんですね。

この「紫外線吸収剤」が含まれているからこそ日焼け止めの効果があるのですが、その一方で「紫外線吸収剤」がお肌の上で化学反応を繰り返すことでお肌に負担がかかるとも言われているのです。

この「紫外線吸収剤」が含まれている日焼け止めには「spf50」の日焼け止めがほとんどで、実は「spf30」ぐらいの日焼け止めには含まれていないものも多いんですね。

「spf30」の日焼け止めには「紫外線吸収剤」ではなく「紫外線散乱剤」と呼ばれる成分が含まれていることが多く、この「紫外線散乱剤」は肌の表面で紫外線をブロックしてくれるため、肌の表面で化学反応を起こす必要もないのでお肌への負担は軽いのです。

ですので、普通の日常生活を送るぐらいであれば「spf30」ぐらいで十分ですね。

時間に計算してみると20分かける30=600分=約10時間となります。

朝の7時に日焼け止めを塗った場合、夕方の5時頃までは日焼け止めの効果が持続することになりますので、これだけあれば十分ではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

日焼け止めを選ぶ時にはなるべく「spf」の数値が高いものを選んでいませんでしたか?

実はその習慣こそが、お肌のシミやシワの原因に繋がる元だったんですね。

もちろん海や山、川などのアウトドアでは「spf50」の日焼け止めは必須アイテムかもしれませんが、普段の日常生活を送るぐらいであれば「spf50」の日焼け止めはかえってお肌を傷める原因になるのです。

少しでもお肌への負担を減らし、10年後もキレイなお肌でいたいと思うのであれば、普段の日常生活で使う日焼け止めは「spf30」ぐらいの物でなるべく「紫外線散乱剤」を使用している物を選ぶように心がけましょう。

日焼け止めの種類が多くて選びきれない場合には、ドラッグストアなどで「紫外線散乱剤」を使っている物を聞いてみても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

-美容・健康
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美容院のマッサージで頭痛に!?痛いのはなぜ?美容師への断り方!

美容院でシャンプーをした後、肩や頭をマッサージして貰いますね。 私はあれが気持ち良くてうっとりしてしまうんですが、なんとあのマッサージで頭痛がおこってしまい、気分が悪くなるという人がいるのです。 これ …

紫外線予防のテープで水疱や傷も防止!絆創膏はUVカットの効果は?

これからの夏に向けて、女性は脱毛を始める方が多いかと思います。 脱毛を行うことは良いことですが、脱毛後の肌は刺激に対してとても敏感なため、通常よりも紫外線の影響を受けやすい状態になっています。 脱毛後 …

肩こりと頭痛が岩盤浴で悪化する?させないための効果と頻度とは?

最近老若男女を問わず、幅広い世代に人気の岩盤浴。肩こりや頭痛の軽減に効果があると言われる岩盤浴ですが、本当にそんな効果があるのでしょうか? メリットだけでなく、デメリットなどはないのでしょうか?? 実 …

マスクで肌荒れやかゆみが出たとき肌の乾燥対策はどうする?!

冬になると風邪でマスクを付けたり、風邪予防にマスクを付ける人も多いと思います。 スポンサードリンク 風邪以外でも、花粉症予防やすっぴん・肌荒れ隠しでもマスクを付ける事もあるようです。 そんな中、冬の乾 …

ウォーキングダイエットの効果はいつから?結果が出るまでの秘訣は?

ダイエット方法はいろいろあるけれど一番始めやすいのは、やはりウォーキングダイエットです。 ダイエット器具なども必要ありませんし、場所がないなどの問題もありません。 会社に行く時や買い物に行く時、お友達 …