知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

ペット・生き物

ペットが病気で仕事を休む?会社を遅刻する時と辞める時の理由!

投稿日:


一般的に家族が病気になった場合、病院へ連れて行くのに、会社に連絡を取って1日休んだり、会社を遅刻したりすることはよくあることです。

しかし、その対象がペットの場合は、どうでしょうか?

ペットは家族同然なので、家族(人間)が病気になった時と同様に、ペットを病院に連れて行くので仕事を休む、会社を遅刻する、看病のために会社を辞めると言う方もいるようです。

その行為は、常識なのこと?非常識なこと?どちらでしょうか。検証してみましょう。

スポンサードリンク

ペットが病気で仕事を休むってどう思われる?


あるTV局のアンケートでは、ペットの病気で休みを取る人は25%、休まない人は75%だったそうです。

ペットを家族同然と考える方は多いですが、ペットと家族は現実に違います。

ペット好きの人とペットを飼わない人やペット嫌いから見ると、ペットは家族とは違うと考えるのは当然でしょうね。

また、休みやすい会社かどうかでも、違ってきます。

チームで仕事を行っているか、自分一人で他には迷惑が掛からない業務なのか、代理を頼めるのか、他の人に頼めない仕事なのかなどで、対応も変わってきますね。

単純作業や自分がいなくても大きな影響は起きない場合は良いですが、重要な取り引きや本人でないとわからない仕事の時に、ペットが病気だから休むと言われたら、会社からは非常識だと思われるでしょう。

ただし、年次有給休暇で休みを取る場合は、基本的に理由(理由を話すのは構いません)に関係なく休暇が取れます。

特例的に会社には時期変更権がありますが、総合的によほどのことがなければ、請求を拒否できません。

ペットの病気が理由で休暇を取ったと、陰口をたたく人がいるかもしれませんが、会社の業務の遂行に支障がなく、本人も気にしなければ、如何なる理由でも休暇を取るのは自由です。

ペットが病気で会社に遅刻は理由は正直に言う?


ペットを家族と思う人とペットと人間は違うと考えている人では、意見が合わないことが多いと思います。

ペットを飼うときには、病気などになることは最初から想定できることです。

病気になった時に、会社などに迷惑を掛けるようであれば、ペットを飼うべきではないという方もいます。

どちらの意見が正しいかは、割り切れるものではありません。

そこで折り合いがつくのは、遅刻する本人の体調や家族の体調などを理由にすることです。

堂々とペットの病気が理由でも、認めてくれる会社であれば良いですが、そうでなければ、お互い持論をかざして、後味の悪い結果になるだけです。

そこは大人の対応で、家族の調子が悪くてと言っても嘘ではありません。

ペットも家族と考えているのですから。


スポンサードリンク

ペットの病気が仕事を辞めるのは理由になる?


労働者が会社を辞めるには、会社に退職理由を申告する義務は、労働法上ありません。

一般的には「一身上の都合」で十分と言われています。

実際の理由がペット病気だとしても、辞職するのは本人の自由です。

ただ、一般的に考えると仕事自体に不満があれば別ですが、そうでなければ勿体ない気がします。

辞める前に、信用のできる上司や同僚などに事情を話し、ペットの病気と仕事が両立できないか相談することも必要ではないでしょうか。

まとめ

ペットに対する考えや仕事に対する考えは、人それぞれ違うのでお互い自分の意見が正しいと思うのは仕方がないことです。

それよりも、自分がペットのために何ができるか、何が必要かを考えて、ペットが苦しんだり、亡くなったりしたときに、後悔しないように接するのが飼い主としての責任だと思います。

スポンサードリンク

-ペット・生き物
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペットの病気に備えて保険加入!年齢不明なら掛け金や保障の相場は?

もしも愛犬が突然の怪我を負ったり、病気になってしまった時に備えて「ペット保険」に加入しておこう。 しかし、いざ保険に入ろうとしたらペットの年齢が分からないかったり、ペット保険の相場がわからなかったり、 …

ペットの病気を理由に仕事を辞める?看取るためには会社はどうする?

「飼い猫が病気になってしまったので、会社を辞めさせていただきたいです。」 そんな退職理由が通る時代ではなくなってしまったのでしょうか。 もともと、ペットの体調が悪いから、病気になってしまったから、と言 …

ペットが病気だけどお金がない時の費用負担や治療はどこまで続ける?

家族の一員として一緒に生活を送っている愛犬や愛猫ですが、生き物である以上は病気になることだってありますよね? 我が家の愛犬は14歳の大往生でしたが、最期の3年間ほどは病気との闘いでした。 その時は、ち …

最近のコメント