スーツの脇の汗染みの落とし方と襟や白い塩のような汗の洗濯方法

スポンサードリンク




しつこい汗染みを、毎回クリーニングに出していては経済的に負担になってきますよね?でも、もう悩むことはありません。

スーツの汗染みは、自宅で簡単に落とせるんです!

今回は、そんなスーツの脇や襟の汗染みの落とし方と、白い汗染みが出来た場合の落とし方なども紹介します!

スーツの脇の汗染みの落とし方


自宅でスーツの汗染みを落とす場合、まずそのスーツが水洗いできるスーツかどうかを確かめましょう。

水洗いできないスーツは、下手に自分でやろうとすると生地を傷めたり余計染みが広がったりというトラブルの元になります。

ですので、なるべくクリーニングに出してウエットクリーニングした方が賢明です。

水洗いOKのスーツなら、次の要領で汗染みを落とします。

まず「軽い汚れのスーツ」の場合です。

<用意する物>
〇衣類用ブラシ
〇50℃位のお湯
〇タオル

<汗染みの落とし方>
1:衣類用のブラシで汚れている部分をブラッシングして、予め表面の汚れを落としておきます。
2:50℃位のお湯にタオルを付けて固く絞り、汚れている部分をポンポンと強めに叩きます。
3:陰干しで乾かせば完了です。

<注意すること>
日光が当たる場所には干さないようにしてください。

日に当たると、色褪せの原因になります。

次は、「汚れがひどいスーツ」の場合です。

<用意する物>
〇衣類用ブラシ
〇重曹
〇酢
〇お湯

<汗染みの落とし方>
1:軽い汚れの時と同様、衣類用ブラシで軽く表面の汚れを落としておきます。
2:脇の染みが酷い場所に、重曹を振り掛けます。
3:2の上から酢を掛けます。
4:重曹とお酢が化学反応を起こして、シュワシュワと泡が出てきます。
5:泡が出たら、指で強めにこすって1分程放置。
6:その後、お湯を掛けて流します。
7:あとは、洗濯ネットにスーツを畳んで入れて1~2分程軽く脱水します。
8:形を整えて、陰干しして完了です。

乾いたらアイロンを掛けた方がいいですが、直接アイロンを当てると色褪せや色落ち、生地を傷める原因になりますので、乾いたタオルなどで当て布をしてアイロンを掛けた方が良いです。

スーツの襟の汗染みの落とし方


襟周りの汚れは一番人の目に付きやすい場所なので、念入りにケアしておきたいですね。

襟に付く汚れは汗だけではなく、皮脂汚れ(皮脂が酸化したもの)が付いています。

この汚れを落とす方法として、自宅で使っている食器用洗剤が襟汚れに最適なのをご存知でしょうか?

食器用洗剤の多くは中性洗剤です。そのため、油汚れに強いのです。

食器に付いた油に、食器用洗剤を入れると油だけ浮き上がってくるシーンをCMなどで見たことがあると思います。

あのように、中性洗剤は油を分解して落としてくれるんですね。

ですから、襟周りの皮脂汚れにも同じことができる訳です。

方法は至って簡単です。

<用意する物>
〇中性洗剤
〇ブラシ又はスポンジ
〇お湯

<汚れの落とし方>
1:中性洗剤をお湯で薄める。
2:ブラシ又はスポンジを1に浸す。
3:襟の汚れた部分に、2を直接こする。
4:ぬるま湯の中ですすいだら完了。

汚れが酷い場合は、中性洗剤をお湯で薄めずに直接襟汚れに塗ってこすっても大丈夫です。

中性洗剤を使う他に、洗顔クリームも襟の汚れ落としに使えるんです!

洗顔クリームというと、男性用と女性用とに分かれてると思うのですが、男性の場合は、男性用の洗顔クリームを使ってください。

なぜかというと、男性と女性とでは皮脂の分泌量や水分量が全然違うのです。

女性に比べて、男性の肌は厚みがあってキメが粗く硬いです、

ですから洗顔料もそんな硬い男性肌の皮脂汚れを落とすために、女性用洗顔料よりも強力な洗顔料を使っています。

ですから、男性が着るスーツやシャツの襟汚れは、男性用洗顔料を使う方が汚れが良く落ちます。

使い方は簡単です。

<用意する物>
「男性の襟汚れを落とす場合」

〇男性用洗顔料(スクラブ入り)
〇歯ブラシ
〇お湯

<汚れの落とし方>
1:汚れの付いた襟部分をぬるま湯に浸します。

2:男性用洗顔料を歯ブラシに付けて、襟の汚れている部分をこすっていきます。

 汚れが軽い場合は指で洗顔料を塗り込んでもOKです。

3:ぬるま湯で塗った部分をすすげば完了です。

スポンサードリンク

スーツの汗染みが白い場合の落とし方


白い汗染みは水溶性なので水で洗った方がいいのですが、スーツの水洗いはスーツにはあまり良くないので、クリーニングに出した方が良いですが、自宅でやる場合は次のようにしてください。

<用意する物>
〇タオル2枚
〇中性洗剤
〇ぬるま湯

<汚れの落とし方>
1:スーツの下にタオルを敷きます。
2:ぬるま湯に中性洗剤を溶かします。
3:2に別のタオルを浸し、固く絞って襟の汚れ部分を叩いていきます。
4:軽くぬるま湯ですすげば完了です。

この他にも、ウタマロ石鹸なども良く汚れが落ちるので、私もYシャツの襟汚れを落とす時に使っていますが、とてもよく落ちますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウタマロ 洗濯用石けん(133g)【ウタマロ】
価格:140円(税込、送料別) (2018/5/10時点)

私のやり方は、襟部分を水に浸してウタマロ石鹸を直接汚れに塗ります。

そして、硬めのブラシで襟汚れをこすっていきます。

最後に水ですすいで、あとは普通に洗濯機で洗濯するだけです。

でもこれは、Yシャツでのやり方なので、スーツの場合は今まで紹介したやり方でやった方が、失敗がなくて良いと思います。

スーツでもウタマロ石鹸は使えると思いますが、詳しくはクリーニング屋さんなどに相談してみてくださいね。

まとめ

汗染みを落とす方法は、意外と簡単でしたね。

ですが、こうした手間を省くためには日頃から小まめにお手入れしたり、汗染みにならないように予防もできると思います。

スーツの下にシャツを着て、その下に袖のあるアンダーシャツを着ると、下着が汗を吸ってくれるのでスーツまで汗染みが広がるのを防ぐ事ができます。

あとは、市販で売られている脇汗パッドなども活用してみましょう。

今は良い製品がたくさん出ているので、予防策はいくらでもあると思います。

日頃のお手入れとしては、1度着たスーツは帰宅後すぐブラッシングしてファブリーズして、ハンガーに掛けて風通しの良い場所に吊るしておいたりして、常に風通しよくしておくことです。

脱いですぐタンスに仕舞ったりすると、中で湿気が溜まるし他の衣類まで蒸れてしまいます。

同時に汗臭さも移ってしまうので、あとで手入れが大変になります。

ですから、脱いだらすぐにタンスには入れないようにしましょう。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする