雨の日の洗車後は拭き取りは?コーティングした車の場合の方法は?


ほとんどの人は、車の汚れが目立って洗車をするときに、天気が良い日を選ぶと思います。

そして、雨の日に洗車をしている人を見かけると、なんでわざわざ雨の日に洗車しているのかな?車のふき取りもできないし、ワックスなどのコーティングもできないじゃん。と思いますよね。

でも、雨の日に洗車をすることで、意外とメリットがあるのをご存知でしょうか。

雨の日に行う洗車のメリットについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

雨の日の洗車後の拭き取りは不要?


一般的に天気の良い日に洗車をするときは、車についた砂等が付いている状態でこすると傷がつくことがあるので、洗車前に水洗いをする必要があります。

雨が降っているときは、洗車前の水洗いが必要なく、雨によって車の砂等が浮き上がって流れるというメリットがあります。

雨が降っているときは、「砂等を落としやすい状態になることが多い」ということです。

また、雨の日は空気中のほこりが少ないので、洗車後にほこりが車に付くことも少ないでしょう。

ただし、雨の状態によっては、砂等はこびりついたままだとか、汚れは流れていないこともあります。

キズを防ぐためには、雨の日も洗車前に水洗いをして、丁寧に砂等や汚れを落とすことが必要です。

洗車後の拭き取りは、車庫に入れるときは、埃が付かないように車庫の中でサッと拭き取ったほうが良いでしょう。

屋外の駐車場では、雨が降っているときは拭いても水はけが悪いので、わざわざ拭き取る必要はありません。拭き取るときは、雨が止んでから、軽く水で流してから拭き取ると良いです。

雨の日に洗車コーティングしている場合としたい場合!


既にコーディングしているときは、水洗い、シャンプーだけを行うと良いでしょう。

雨の日にワックスやコーティングは、水と混ざってベタベタになるので、効果が薄くなってしまいます。

どうしても、ワックスやコーティングをしたい場合は、洗車をした後に屋根付きの雨が当たらない場所に移動して、作業を行うと良いでしょう。

その場合は、水分を拭き取って通常の方法で、ワックスやコーティングをすることができます。

スポンサードリンク

洗車後の拭き取り方法のおすすめ!


雨の日は、水道水のカルキを雨が流してくれるので、拭き取りする必要がないと言われていますが、洗車するときは拭き取りをするのは当たり前という人もいます。

結果的には、洗車する本人の好みなので、拭き取りについては、自己判断で良いでしょう。

シャンプーをしたときは、雨の日でも水で綺麗に流し、軽く拭き取った方が雨ジミにならないと拭き取りをする人も多いです。

屋根付きの車庫に入れるときは、軽く拭いた方が、ほこりの付着が少ないと言われています。

拭き取る方法は、雨の日でも天気の良い日でも、ほとんど変わりません。

まとめ

雨の日の洗車にもメリットがありますが、当然デメリットもあります。

単に車の汚れを落としたいだけなら、雨の日に洗車を行ったほうが良いこともあります。

車を綺麗にしたいときは、天候に関わらず、自己判断で洗車を行いましょう。

スポンサードリンク