知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

お花見・紅葉

平安神宮の菖蒲の見頃と神苑の見どころ所要時間と入園料金は?

投稿日:


京都府京都市にある平安神宮は、1895年(明治28年)に、平安遷都1100年を記念して創建された神社です。

広々とした境内には、約3.3haの池泉回遊式庭園があり、春の紅しだれ桜、夏の花菖蒲、秋の紅葉、冬の雪など春夏秋冬の美しい風景を眺めることができます。

その中から初夏の花菖蒲と神苑の見どころなどを、ご紹介します。

スポンサードリンク

平安神宮の菖蒲の見頃はいつ?


平安神宮の西神苑の白虎池には、古典園芸植物としての花菖蒲が、江戸系、伊勢系、肥後系を主として200品種・2,000株があり、5月下旬から6月中旬頃が見ごろと言われ、すいれんとの競演も始まります。

神宮の公式HP内の平安神宮ブログ「はんなり便り」により、神苑の開花状態を確認できるので、おすすめ情報として参考にしてください。

開花の状況写真とコメントがあるので、見学前に計画が立てやすいですよ。

平安神宮公式HP

平安神宮神苑の菖蒲イベントと見どころ


神苑拝観は通常拝観料が必要ですが、例年6月上旬と9月19日の年2回、無料開放されます。

6月の無料開放日は、花しょうぶの見ごろに合わせた日になるため、開花状態によって変わりますので、平安神宮の公式HPで確認しましょう。

無料開放日は、開園前から多くのカメラを持った人が並び、開園してからも混雑するのではと心配の方がいるかもしれませんが、神苑自体がとても広いので程良く人が分散します。

入り口付近で立ち止まらなければ、自分だけの撮影スポットを見つけることも出来ると思います。

ただし、開放日は多くの人が訪れ通行しますので、三脚や一脚の使用や、柵内、植え込みへの立ち入りは禁止されているので、注意が必要です。

また、神苑の見どころは花菖蒲だけではありません。神苑には年間を通じて50種類以上の鳥類が集まりますので、木々を飛び交う風景をお楽しみください。


スポンサードリンク

平安神宮神苑の所要時間と入園料


神苑は、明治から昭和にかけ、東山界隈に円山公園や無隣庵などの名園を造った、造園家7代目小川治兵衛が造った日本庭園です。

ご社殿を取り囲むような配置で、東・中・西・南の四つ神苑から成り、時期により八重紅しだれ桜、花しょうぶ、すいれんなどの花々が咲き誇るのは見事なものですよ。

その神苑の見学には、標準的に歩くと30分程度の時間がかかります。

また平安神宮神苑の拝観時間は、

・3月1日~3月14日と10月1日~10月31日/8:30~17:00
・3月15日~9月30日/8:30~17:30
・11月1日~2月末日/8:30~16:30

と季節によって変わります。

拝観料は、大人600円・子供300円です。

なお、境内参拝時間は6:00~16:30で、お守り・御札・朱印は7:30~17:00です。

平安神宮の基本情報と地図詳細はこちら【楽天たびノート】

まとめ

神苑の花菖蒲などの自然の風景は、心を和ましてくれます。

マナーを守って気持ち良い風光を浴びて、初夏の季節の始まりを肌で感じましょう。

スポンサードリンク

-お花見・紅葉
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

造幣局の桜の通り抜けペット同伴OK?大阪でランチ時間に一緒に食事!

造幣局は大阪に本局を置き、主に日本の貨幣の鋳造、勲章、褒章や金属工芸品等の製造、貴金属製品の品質昭明などの事業を行っている独立行政法人です。 わかり易く言えば、日本のお金を造っているところですね。 そ …

淡路島ツーリングで一周する観光スポットは紅葉がおすすめ秋の見所!

秋の淡路島は、紅葉と食を楽しめる大人気観光スポットです。 スポンサードリンク また、関西からのアクセスもよくツーリングスポットとしても高い人気を誇ります。 数々の見どころを上手に回るおすすめの回り方や …

五稜郭公園での花見はジンギスカンランチで手ぶらにかぎる!

函館の五稜郭公園では、ゴールデンウイークの頃に桜が満開になり、多くの観光客や地元の方が訪れます。花見名物のジンギスカン、夜桜のライトアップ、露店など、色々な楽しみ方ができるのもこの時期なのです。 桜の …

青森奥入瀬渓流の紅葉と八甲田山ロープウェイ観光の見頃と所要時間は?

奥入瀬渓流の秋は、澄みきった水の流れに、色とりどりの紅葉が映えわたり、正に息をのむほどの美しさを誇ります。そのために、秋の奥入瀬は、他の季節に比べてずっと人気が高いようです。 スポンサードリンク また …

滋賀メタセコイア並木の紅葉の見頃と車での行き方と駐車場情報!

琵琶湖の西北部、滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木は、新・日本街路樹100景にも選ばれるほど、有名な景勝地となりました。 特に11月に見ごろとなる紅葉の季節は、そのたぐいまれな美しさが評判となり、 …

最近のコメント