大久野島のうさぎへエサは持ち込みできる?持ち帰りや触ることは?


全国のうさぎ好きの人いらっしゃい!瀬戸内海にある広島県の大久野島(おおくのしま)は、小さい島ですが、野生のうさぎが約700匹以上も住んでいるのです。

たまには日常から離れて、大久野島の可愛いいうさぎ達と触れ合って、心を癒やしてみませんか。

スポンサードリンク

大久野島うさぎのエサは持ち込みか購入か?


大久野島は、周囲約4.3kmの小さな島で、昭和の初期から昭和20年の終戦まで、大日本帝国陸軍の毒ガス工場があったそうです。

現在民家は無くなって、観光と保養のために造られた休暇村の従業員だけが住んで(?)いるようです。うさぎと一緒にね。

何故こんなに繁殖したかというと、1971年に地元の小学校で飼っていたうさぎをこの島に放したのが原因のようです。

休暇村を造ったときに、マスコット的な動物を島に入れるという話になり、うさぎを放したら爆発的に増加してしまったということです。

うさぎにとって、よほど生活する環境が良かったようですね。

大久野島へ渡るには、広島県竹原市の忠海港から約15分間のフェリーを利用します。

フェリーで着いたとたんに、うさぎに出会うことができ、なかには餌が欲しくて駆け寄ってくるうさぎもいます。

でもペットではない野生のうさぎなので、触れ合うために注意する事項があります。

特に注意するのは、うさぎへの餌やりです。

大久野島ではうさぎの餌の販売はしていないので、島を渡る前の忠海港でウサギ専用の餌を購入していきましょう。

うさぎは、なんでも食べられる生き物ではないので、キャベツ・にんじん、小松菜などは大丈夫ですが、米やパン、お菓子、スナック菓子の加工食品やジュース、イモ類、ネギ類は絶対に与えてはいけません。

基本的にうさぎ専用の餌を購入していくことを、おすすめします。

大久野島のうさぎは持ち帰りできる?許可は必要?


あまりにもうさぎが可愛いので、子うさぎなどをお持ち帰りしたい方がいると思います。

でも大久野島にうさぎを放す行為やうさぎの持ち帰りは、自然公園法・鳥獣保護法に触れ、違反した者には罰則があるので、絶対にやめてください。

当然、持ち帰ることに許可はでません。


スポンサードリンク

大久野島のうさぎに触るのは危険?注意することは?


うさぎと触れ合うのは楽しいですが、次のような注意事項があるので守りましょう。

・うさぎの安全のため、道路や道路脇、玄関前で触れ合うのは、やめましょう。

・うさぎが餌を食べているときは、口元に手をやらないでください。

・うさぎが食べられる物を与えてください。基本はうさぎ専用の餌を購入しましょう。

・余った餌やゴミは島に捨てないで、持ち帰って処理してください。

・けが防止のため、うさぎを追いかけまわしたり、抱っこしたりすることはやめましょう

・島にうさぎを捨てること、持ち帰ることも禁止です。

・島では基本的に徒歩が良いでしょう。自転車などはうさぎに十分注意してゆっくり走りましょう。

・犬や猫などのペットの持ち込みは禁止です。

まとめ

大久野島のうさぎは野生のうさぎですが、か弱い動物でペットではありません。

注意事項を守り、独りよがりの触れ合いではなく、思いやりを持って優しく見守りましょう。

スポンサードリンク