一人暮らしの学生がペットで猫を飼うとき1kの部屋でも大丈夫?


一人暮らしをしていると、ふとペットが欲しいなと思う時ってありませんか。

ペットを飼うことが禁止されている部屋なら、あきらめがつきますが、ペットOKの部屋の場合に、大好きな猫と一緒に暮らしたいと思いますよね。

でも、1Kなどの狭い部屋で猫を飼う場合、運動不足になったり、部屋を傷つけたりしないか心配になります。

そのような狭い部屋での猫の飼い方について、ご紹介します。

スポンサードリンク

一人暮らしの学生でもペットを飼える?


ペットとして飼うものには、猫、犬、小鳥、金魚、ハムスター、ウサギなどが一般的です。

一人暮らしの場合は、日常的に部屋にいることが少ないので、その間のペットの生活を考えなければなりません。

犬や猫以外は、鳥かごや水槽、飼育ケージなどで飼うことが多く、極端に言えばケージの清掃や定期的に餌を与えることで飼うことができます。

しかし、猫や犬はケージなどではなく、部屋の中である程度自由に飼ってあげたいと考える人が多いでしょう。

特に猫は、気ままに暮らしているイメージがあり、ケージなどに入れておくのは可哀そうです。

1Kなど狭い部屋で、ペットの猫と楽しく暮らせる方法を考えてみましょう。

一人暮らしの学生が猫を飼うのは?


アパートなどの部屋の中で猫を飼うには、オーナーや管理会社の許可が必要です。

許可を得ないで、ペットを飼うことはできません。

ペット可とか、許可を得て初めてペットを飼うことができます。

猫を飼うことに許可を得た場合でも、猫との共同生活について、次のような心構えが必要です。

・一度飼った猫は、責任を持って一生面倒を見ること。
・ペットを飼うための、経済的な余裕があること。

初期に食器、トイレ、爪とぎ器、フード、ケージ、キャリーケース、おもちゃなどの費用がかかります。

・病気になった時や様子がおかしい時に、連れていけるペット病院がそばにあること。
・飼い主が病気や不測の事態になった時、ペットホテルやペットの面倒を見てくれる人を、そばに見つけておくこと。
・必ず家族や知り合いに、ペットを飼っていることを伝えておくこと。
・必要に応じて、ワクチン接種や避妊・去勢手術費用、ペット保険などがかかります。


スポンサードリンク

一人暮らし1kでペットを飼う注意点は?


猫を飼う場合の注意点は、次のとおりです。

・猫とのスキンシップを大切にする・・・

猫も人が恋しいものです。

帰宅した時には、思い切り猫と遊んだり、スキンシップを図りましょう。

疲れているからと、ほったらかしはいけません。

・1泊ほどであれば、餌や水をしっかり準備することで良いでしょうが、数日間留守の場合は、ペットホテルや面倒を見てくれる人に預けましょう・・・長期間だと猫が病気になったり、餓死する恐れがあります。

・部屋が狭い場合は、キャットタワーなど立体的に遊べるグッズを用意する・・・

上下運動できるグッズであれば、運動不足にはなりません。

・電気コードをガードしておく・・・

じゃれたり噛んだりして、感電しないようにガードします。

・台所や浴槽の水は溜めない・・・

転落して溺れないように、水は必ず溜めないようにします。

・猫がケージから出ている時に、むやみに窓を開けない・・・

高層では転落する恐れがあり、低層でも外に飛び出ることがあるので、網戸などで外へ飛び出ないようにします。

・高い場所に荷物等を置かない・・・猫が高い所への行った時に物が落ちないように、貴重品を高いところから降ろしておきます。

・猫が爪とぎをしそうな場所をガードする・・・

爪を研ぎそうな場所は、物を置いてガードし、猫に爪とぎ器で爪とぎをするように躾けておく。

まとめ

ペットを飼うには意外と手間がかかり、飼い主としての責任が生じます。

可愛いイメージだけで飼うことはしないで、冷静に考えて自分が責任持って飼うことができるか検討しましょう。

スポンサードリンク