白い恋人工場見学の所要時間と予約や料金設定は?北海道の代表お土産


「白い恋人」は、北海道を代表するお土産として、全国のトップを争う人気洋菓子で、「20世紀を代表する土産品」(業界紙アンケート)として、第1位に選出されています。

製造しているのは、Jリーグ北海道コンサドーレ札幌のオフィシャルスポンサーである、石屋製菓です。

札幌市西区に「白い恋人パーク」という観光施設を持ち、白い恋人の生産工場やチョコレートの歴史や美術品を楽しめる「イシヤチョコレートファクトリー」、コンサドーレ札幌の練習場などが併設されています。

スポンサードリンク

白い恋人の工場見学の所要時間は?


白い恋人パークには生産工場だけではありません

工場のほか、オーロラの泉、白い恋人鉄道、札幌からくり時計塔、ローズガーデン、ガリバータウン、お菓子作り工房、チョコレートラウンジなど、楽しく遊べる施設やインスタ映えする撮影スポットが数多くあります。

工場見学だけではもったいないですよ。

夏のおすすめコースをご紹介します。

・フォトジェニック散策コース(約2時間)

① ローズガーデン散策(約20分)・・・札幌からくり時計塔や白い恋人鉄道で、インスタ映えまちがいありません。
② カフェ・あんとるぽー(約30分)・・・落ち着いたカフェで、お酒を飲むこともできます。
もちろんカレーやサンドなどの食事を楽しむこともできます。
③ 白い恋人工場見学(約40分)・・・白い恋人ができるまでの製造ラインを公開しています。
④ チュダーハウス(約30分)・・・でっかいキャンデイのオブジェや白い恋人パークの顔のリバティーホールを貴族気分で写真を撮りましょう。

白い恋人工場見学の予約と内容は?


白い恋人パークの有料施設(有料館)は、オーロラの泉・チョコレートカップコレクション・パッケージラベル・チョコタイムトンネル・白い恋人工場・チョコレートラウンジです。

工場見学には予約は必要ありません

あんとるぽー館1階の「チケットカウンター」で、申し込んで入館パスポートを受け取ることができます。

チケットカウンター営業時間は、9:00~18:00(工場稼働は9:00~17:30)です。

パスポートの提示によって、有料館内の施設の見学をすることができます。

工場の見学は、焼き立てクッキーにチョコレートをサンドするシーンや、冷却、賞味期限の印字、包装までの工程を3階見学路から見ることができます。

白い恋人がどんどん製造されるのは、見ていても面白いですよ。


スポンサードリンク

白い恋人の工場見学料金は必要?


工場見学料金(税込)は、一般・高校生以上600円、中学生以下200円となっています。

有料館以外は、無料で散策を楽しむことができます。

【住所】
札幌市西区宮の沢2-2-11-36 
白い恋人パーク総合案内 011-666-1481

【営業時間】(年中無休)
白い恋人パーク
9:00~18:00(最終入館受付17:00まで)

ショップ・ピカデリー
9:00~19:00(冬期12月初~2月末は21:00まで)

キャンディ・ラボ
9:00~19:00

【アクセス】
・地下鉄:東西線宮の沢駅下車 徒歩7分

・バス:JRバス札幌駅前バスターミナル(小樽行)から「西町北20丁目」下車

・車:JR札幌駅から車で約25分

白い恋人パークの基本情報や周辺地図詳細はこちら【楽天たびノート】

まとめ

白い恋人パークは、施設内でも外のパークでも見どころがたくさんあり、撮影スポットも大人気です。食べて遊んで、楽しんで、帰る時に白い恋人をお土産にどうぞ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする