飛行機にペットボトルを預け荷物で国際線はスーツケースに未開封なら?


一般的に飛行機に搭乗する前には、チェックインを行い、搭乗口へ向かうまでに、機内持ち込み物の保安検査を受けなければなりません。

そこでは、安全航行を妨げる恐れのある危険物を取り除くために、手荷物検査や所持品検査を行います。

あまり危険とは思えないペットボトルも持ち込みに制限があるのをご存知でしょうか?

それは、ペットボトル自体は危険性のないものですが、発火・引火しやすいような液体物を入れることができる容器として使用できるからです。

ペットボトルは機内に持ち込めるのか、手荷物として預ける場合は持ち込めるかについて、ご説明します。

スポンサードリンク

飛行機にペットボトルを預け荷物で国際線OK?


危険物としては、花火や爆発物、発火・引火しやすいようなスプレー缶やナイフ、ハサミなど刃物類や凶器になる可能性のあるものが該当します。

そして、意外にも国際線ではぺットボトルを含め、100ml以上の容器に入れた「あらゆる液体物」を機内への持ち込むことは禁止されています。

100ml以上を持ち込むときは、1個100ml以下の容器に小分けして、容量が1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック製袋に入れ、1人1袋までなら持ち込めます。

また、出国手続き後の出国エリア内の売店などで購入したペットボトルであれば、100mlを超えるものでも持ち込みが可能です。

国内線では、お茶やジュースの入ったベットボトルは、制限なく機内に持ち込めますが、アルコールが入っているペットボトルは、5リットル以上やアルコール度数が70度以上だと機内には、持ち込めません。

飛行機へペットボトルをスーツケースに入れるのは国際線ではNG?


国際線は、スーツケースなどにペットボトルを入れて、チェックカウンターで預ける場合は、持ち込みができます。

ただし、気圧の関係や衝撃でペットボトルから液体が漏れることや、破裂しないように注意しましょう。

蓋がしっかりしているか確認し、密閉できるジップロックなどに余裕をもって入れておくことをお勧めします。


スポンサードリンク

国際線でペットボトルは未開封ならいい?


国際線では、開封、未開封に関係なく、保安検査後の出国エリアに入るまでに購入したペットボトルを持ち込むことはできません。

基本的に開封、未開封で判断するのではなく、出国エリア内で購入したものはOKで、出国エリアに入る前に購入したものはNGと考えましょう。

基本的に出国エリア内の売店で販売しているものは、信頼できるルートで運び込まれて管理されているもので、購入した後に搭乗するまでの短い間に加工や危険物を混入することが不可能とされているからです。

まとめ

一般的なペットボトルを機内に持ち込みたい場合は、保安検査を受けたあとの出国エリアの売店で購入すると覚えておきましょう。

それ以外は飲んでしまうか、飲み残しは早めにスーツケースに入れておきましょう。

スポンサードリンク