飛行機で手荷物としてパソコンは預ける?国内線では持ち込み可能?


ビジネスパートナーとしてパソコンは重要なもので、営業上の説明や資料整理にも多く使われています。

そのパソコンについて、車や電車の中でも使用している方は見かけますが、飛行機の中に持ち込むことはできるのかと悩むことはありませんか?

飛行機でパソコンを運ぶ場合に機内に持ち込めるのか、手荷物として預けなければならないのかについて、説明いたします。

スポンサードリンク

飛行機で手荷物としてパソコンは預ける?


結論を先に言うと、ノートパソコンや貴重品扱いの精密機械等は、手荷物として預けないで機内に持ち込みをする方が良いです。

ANAによると、パソコン及び周辺機器、電子データ、楽器、絵画、ガラス製品、カメラ、ビデオカメラ、携帯電話などは貴重品扱いとなるため、手荷物として預けないで機内に持ち込み、手元で安全管理してくださいと言うことでした。

ただし、身の回り品のハンドバックやノートパソコン、カメラなどのほか1個までしか機内持ち込みはできません。

機内持ち込みは、身の回り品を含む総重量が10kg以下で、3辺の和が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内以下の物になります。

飛行機でパソコンを預けるのは国内線でもできる?


パソコンを機内に持ち込めるのは、国内・国際線ともにできます。

またパソコンを手荷物として預けるのは、国内・国際線ともに避けたほうが良いです。

手荷物として空港カウンターで預けた場合は、国や空港などによりますが、乱暴に扱われることがあり、場合によってはキャリーケースやトランクが、壊れていたということもあるようです。

そういう状態になったら不幸ですよね。

悩むより、大事な貴重品は手元で保管しておくのが一番ですね。

パソコンを収納するのは、共用収納棚、または前の座席の下に収納します。

足元に置くことはできません。


スポンサードリンク

飛行機でパソコンの持ち込みは国内線のみ?


国内線だけではなく、国際線でも持ち込めます。

国内線に持ち込む場合は、機内での使用が制限されるので、注意しましょう。

・電波を発しない状態(機内モード可)のパソコン・・・離着陸を含む常時利用ができます。

・電波を発する状態のパソコン・・・出発時ドア開放中は使用可離陸~着陸は使用不可着陸後ドア開放後使用可となります。

・使用可の時期であっても、機長が安全運航に支障があると判断した場合は、使用できないので、機内アナウンスや客室乗務員の案内をよく聞きましょう。

また、ペースメーカーや医療機器などを使用している客が近くにいる場合など、使用できないこともあるので、客室乗務員の指示に従いましょう。

まとめ

パソコンには貴重なデータが収納されているので、飛行機に乗るときは持ち込むことが必要です。

ただし、他の人の迷惑や安全運航に支障のないように、保管することが大切です。

スポンサードリンク