セカンドライフのリサイクルの評判は?住所や口コミ不用品買取可能?

スポンサードリンク




引越しとかお部屋の整理などをした場合に、不用品の処分にこまったことがありませんか?

まだ着ることはできるけど、着る予定のない洋服、古くなった靴や思い出の品など、燃えるゴミには出せるけど、なんとなく辛いような気がする。

また、不要になった液晶テレビなどのリサイクル家電は、処分するにはリサイクル料金がかかるというのもいやですよね。

ところが、セカンドライフというサイトでは、そのような不用品の寄付やリサイクルを行い、不用品によっては買取もしてくれるようです。

そのセカンドライフが行っているリサイクルの評判や、不用品の買取について、まとめましたのでご紹介します。

セカンドライフリサイクル業者の評判は?


セカンドライフは、不用品をリュース(再使用)やリサイクル品として回収を行っている業者が運営しているインターネットのサイトです。

セカンドライフの特徴は、不用品を廃棄ではなく、寄付という形で回収するということです。

寄付を受けた不用品は、国内やアジアなどの途上国に出荷し、状態の悪い品は原料としてリサイクルされます。

また不用品の回収費は有料ですが、回収の依頼1件ごとに発展途上国1人分のワクチンが寄付されます。

寄付を受ける不用品は、ぬいぐるみ・お人形・古着・ランドセル・食器・おもちゃ・絵本・文房具・三輪車・ベビーカー・家電・パソコンなど。

セカンドライフの評判は、今のところ悪い評判は無いようです。

セカンドライフリサイクル業者は住所はどこでも良い?


利用方法は、次のとおりです。

①寄付する品物を用意・・・サイトから寄付できる品物を確認して、3辺合計160cm以内の段ボールに入れます。
② セカンドライフのサイトで申し込み→送料は3辺120cm以下1,480円、160cm以下1,980円を払う。
③ セカンドライフから専用伝票が届く・・・ゆうパックに希望日時に来てもらい、集荷してもらう。
④ セカンドライフに寄付品が届く。

 
リサイクル業者が回収に来るわけではなく、申し込みはウエブでするので、ゆうパックを利用できる場所であれば、どこの住所でも利用できます。

スポンサードリンク

セカンドライフの口コミと不用品買取の方法は?


不用品回収業者は数多く存在するため、その中には回収方法や回収時の金額授受について非難を受けている業者はいますが、セカンドライフの口コミなどで、ネット上で非難している方は特に見当たらないようです。

また、セカンドライフでは不用品の買取も行っていますが、全ての品物を買取るわけではありません。

ノートパソコン、液晶テレビ、液晶モニター、パソコン本体、ゲーム機などの一部は買取を行っています。

その際にセカンドライフに買取可能か確認をしたほうが良いでしょう。

また、実際の買取の方法は、梱包するときに「買取希望」と書いた紙を貼ります。

セカンドライフが実物を見て、買取できる品物かどうか判断をして、買取の場合は後日買取金額を振り込んでもらえます。

買取されなかった場合でも、そのまま寄付として受取ってもらえます。

セカンドライフの公式ホームページから申し込みが行えます。

セカンドライフ公式ホームページ

まとめ

思い出の品物を廃棄するのではなく寄付することによって、必要としている方が再使用するシステムです。

料金はかかりますが、金額が定額ではっきりして、その一部がワクチン募金に使われるのは良いことだと思います。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする