沖縄県石垣島と竹富島どっちに行く?観光スポットランキング!


47都道府県の魅力度ランキングでは、常にベスト5に入るという沖縄県ですが、沖縄本島以外にも魅力溢れる島々があるのを、ご存知でしょうか?

沖縄県の離島の中でも、離島好き女子の中でも話題なのが、石垣島と竹富島です。

その両島のそれぞれの特色と、観光名所を比較してみました。

さあ、あなたはどちらの島を選びますか?

スポンサードリンク

沖縄県石垣島と竹富島それぞれの特色


石垣島は八重山列島の中心の島で、沖縄県では本島と西表島に次いで、3番目に広い島です。

竹富島は、石垣港から高速艇で約10分のすぐそばにある、石垣島の約40分の1といった面積の小さな島です。

石垣島の特色は、八重山列島の政治・経済・文化・交通などの中心地で、石垣空港もあり八重山列島の観光の起点となる島ということです。

島人口は約4万8000人で、中心都市の石垣市は、日本最南端の都市と言われ、日本の都市機能と昔からの伝統的家屋や自然との調和が良く、観光地としても人気があります。

竹富島の特色は、人口は約365人(2016年現在)で、大きな建物はありませんが、サンゴ石灰岩の野面積みの塀と赤瓦の家並みが並び、車はほとんど走っていないところです。

そして、観光のメインはレンタサイクルか、水牛ガイドというのが面白いですね。

竹富島と石垣島どっちに行く?観光名所で比較


石垣島の観光名所と言えば川平湾や米原ビーチに代表される、エメラルドブルーの海と風景でしょう。

また世界最大級のサンゴ礁もあり、南国そのものの海を満喫できます。

島内部には日本最大級の石垣島鍾乳洞もあり、沖縄名産品のお土産や石垣島オリジナルの名産品も揃っています。

まさに、豊富な自然とリゾート地としての便利さを兼ね備えています。

竹富島は、観光地としての派手さや、遊園地のような遊ぶところはありません。

しかし、この小さな島には、独自の歴史や伝統文化、豊な自然、街並みが残っており、島全体が観光地としての魅力を持っています。


スポンサードリンク

沖縄の竹富島観光スポットランキングベスト3!


第3位:コンドイビーチ・・・星砂やエメラルドブルーの海を堪能してください。

天気が良ければ夕焼けと太陽が沈むところを眺めましょう。その後の星空の美しさは、本土では味わえない感動を呼びます。

第2位:竹富島の町並み・・・迷路のような碁盤の目の道路と赤瓦、サンゴ石灰岩の石壁の集落はなかなか他では見ることができません。

ちょっと歩くとすぐ南国の草花や樹木がある自然に囲まれています。

第1位:水牛車観光・・・三線の音色を聴きながら、街並みをゆっくりゆっくり約30分で回ります。

ゆらりと揺れる水牛車に乗ってガジュマルの木やお花を眺め、ガイドさんとのお話を聞いていると、すっかり時間を忘れてしまいますよ。

竹富島に着いたら、ぜひ体験してほしいと思います。

竹富島でレンタサイクルや水牛車観光するなら新田観光がおすすめ。

新田観光の基本情報と周辺地図詳細はこちら【楽天たびノート】

まとめ

石垣島と竹富島のどちらを選ぶ?と言われると、石垣島と答える方は多いと思います。

しかし、石垣島まで行くのであれば、時間を割いても行ってほしいのが竹富島です。

また、竹富島へ行くには石垣島から行くことになるので、時間が許せば竹富島で1泊し、残りを石垣島観光という行程をおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする