学生服のお下がりをもらった場合のお礼相場と渡すタイミングは?

スポンサードリンク




中学や高校を卒業すると着ていた学生服が不要になった方から、お下がりとして貰うことがあります。

多少の着崩れはあったとしても、やっぱり捨てるには勿体ないと思う程度です。

こういった場合に、下に同じ学校に入学する兄弟がいれば、そのままスライドさせるでしょうが、いない場合は親戚の子や親しい間柄のママ友さんのお子さんにとかで譲ることもあるでしょう。

実際、あげたり貰ったりした経験のある方も多いと思います。

ここでは、そんな学制服のお下がりを貰った側のママさん向けにお下がりを貰った場合のお礼はどんなものがいいか?

お礼の相場はどのくらいの金額や価格なのか?

お礼を渡すタイミングはいつがいいか?など、気になるであろう点を解明していきたいと思います。

学生服お下がりのお礼のおすすめは?


学生服をいただいたお礼って悩みますよね?

しかし、お下がりをくださった方も処分するのも勿体ないと思う経験がおありの方は多いと思います。

「思い出が詰まっていて大切なもの」と思えれば大事に取っておくのですが、大抵は「もう着ることがない」などの理由で処分を考えます。

しかしその時一番多くある問題は、「まだ十分着られるのに捨てるにはちょっと勿体ない」というものです。

中学や高校って3年間しかないので、着る期間も短いですよね?

なので、卒業時も割合みんな制服は綺麗なままです。

貰った方は、これから入学するにあたり学生服を始め、カバンや靴、体操服など一式揃えなければいけないので、そうした時にこういった貰い物はとても助かりますよね?

親しい間柄だと、相手の好みなど知ってる事もあるでしょうが、相手がそう親しいという訳ではない場合、どんなものが喜ばれるのか分かりませんよね?

こういう場合に基準となるのは、頂いた学生服の状態と数量です。

夏・冬服両方で状態もとても綺麗という場合や、これプラス体操服でこれも着崩し、色褪せ、ほつれ、シミ1つないと言った場合は、お礼もそれなりに考えなければと思うかも知れませんね。

しかしこの場合考えておいて欲しいのは、あくまで新品ではなくお下がりであるということです。

新品同様に綺麗な状態であっても、3年間着られていた訳です。

ですから、あまりお礼を弾み過ぎると相手に気を使わせてしまいます。

そもそも相手もお礼を望んで譲ってくれた訳ではないでしょうから、気持ちよく受け取りやすい物に留めておいてください。

そうなるとどんなものが良いか?

一般的には、図書カード菓子折りなどが上げられます。

学生服お下がりのお礼の相場は?


では仮に先の章であげたお礼、図書カードと菓子折りの相場は、図書カードだけなら3.000円分、菓子折りだけならこれも3.000円分でいいと思います。どちらか1つの場合です。

ちょっと高いと感じる人もいれば、それくらいで妥当と考える人もいますので、金額は自分の裁量でいいと思います。

偶数より奇数の方がいいらしいですが、この辺はあまり深く気にしなくてもいいのではと思います。

ただここで注意して欲しいのは、学生服をあげた人の気持ちです。

あげた側は、捨てるには勿体ないから使ってもらえたら嬉しいという気持ちだけに他なりません。

決してお礼を期待してあげた訳ではないということです。

この点を踏まえると、図書カードと菓子折りで6.000円分も使われたら、相手にしてみれば「そんなつもりじゃなかったのに・・」と思ってしまいます。

その後のお付き合いもある人ならなおさら、この辺はきちんと考えて渡さないと、新品で買ったら高額な物だからとそれに合わせて弾み過ぎるのは、ちょっと違うと思います。

ただ、「お礼はしてもらいたくない」と決めてる人もいると思いますし難しいところです。

図書カードのような金額がはっきり分かるもののお礼よりは、入学式の時にいただいた学生服を着てる写真を見てもらいましょう。

そして、3,000円程度のお菓子くらいなら、喜んで受け取ってもらえると思いますよ。


スポンサードリンク

お下がりのお礼を渡すタイミングは受け取る時?後日?


基本的には、お礼は早すぎても良くないし遅すぎても良くないと思います。

私の感覚でいうと、大体1~2週間経ってからが良いかなと思いますね。

入学式が近くて、その他にも買い揃えたり、買い足すものがあったりいろいろ準備で忙しいでしょう。

入学式が終わってから頃合いを見てという事になりますが、これもやはり入学式から最低でも2週間位までがベストかなと思います。

まとめ

*お礼は早すぎず、遅すぎず!

*お礼するなら2週間位がベスト!

*相場は3.000円程度がいい!

*頂いた学生服を着た写真とお菓子、メッセージカードを添えればなお良し!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする