妊娠中の副流煙を職場でマスクは効果的?胎児への影響は?グッズは?

スポンサードリンク




妊娠中はタバコの煙って気になりますよね?

お腹の赤ちゃんも心配になる女性も多いと思います。

そこで今回は、職場で副流煙などのタバコの煙対策にはどのようなものがあるのか?

また。マスクすれば煙は防げるのか?

影響を受けないためにはどんな方法があるのかなどを、ご紹介していきたいと思います。

妊娠中に副流煙を職場で受けるなら対策は?


皆さんは、副流煙という言葉をご存知でしょうか?

副流煙とは、タバコの火が先端から立ち上る煙を「副流煙(ふくりゅうえん)」といいます。

対して、タバコを吸う人が直接吸い込む煙を「主流煙(しゅりゅうえん)」といいます。

先に上げた副流煙は、妊娠中の女性に限らずそばにいる人が不快に感じるのがこの「副流煙」なんですね。

実際この副流煙で気持ちが悪くなる女性もいるようですが、このように間接的にタバコの煙を吸い込むことによって起こる身体の不調を、「受動喫煙(じゅどうきつえん)」といいます。

妊娠中ってただでさえ臭いに敏感になりますから、妊娠してなかった時にはそれほど気にならなかったタバコの煙や臭いがかなり気になるようになりますよね?

そんなタバコの煙には、以下のような対策があります。

できるだけ煙を吸い込まないようにするためにも

・職場に相談して分煙をしてもらう。
・換気扇の傍で喫煙してもらう。
・マメに窓を開けるなどして換気を行う。

などが上げられます。

しかし、そんな努力をしてまで働くよりも気になるのであれば、退職、或いは産休を取るなどしてご自宅で安心・安全に生活なさる方が一番の対策ではないかとも思います。

ご家庭の事情もあると思いますので、これはあくまで私の見解です。

妊娠中に副流煙はマスクやグッズで防げる?


対策の中には書いていませんでしたが、副流煙を防ぐためにマスクを付けるというのも1つの方法です。

しかし、このマスクも残念ながら完全にタバコの煙を防ぐことはできないことをご存知でしょうか?

理由は、マスクに隙間があることです。

鼻の両脇とか、マスクの横などですね。

最近は鼻の両脇の隙間に、スポンジの素材で隙間を埋めるように対策が取られているマスクもあります。

隙間が空かないような設計になっているマスクもありますが、実は、隙間が空いていなくてもタバコの煙って正面から普通に入ってしまうんです。

どういう事かと言いますと、タバコの煙ってあのPM2,5よりも粒子が細かいと言われているんです。

ということは、市販のマスクの殆どは副流煙を完全にシャットアウトできないんですね。

では、マスクは何の意味もないかというとそんな事はありません。

マスクの使い方を工夫すればいいのです。

その工夫とは、以下の通りです。

・マスクを二重に付ける。

・自分の顔にあった大きさのマスクを選ぶ。

最初の「マスクを二重に付ける」は、マスクを2枚重ねて付けるという事ですね。

こうすることで、副流煙をより遮る事はできます。

2つめの「自分の顔にあった大きさのマスクを選ぶ」は、マスクを付けた時に隙間をできるだけなくすことができます。

完全シャットアウトができないにしても、まったく付けないより、マスク1枚だけより、かなり副流煙によるリスクを下げる事ができるのです。

また、マスク以外のグッズとしては空気清浄機を使うなども有効な方法ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花粉症対策 空気清浄機 マイナスイオン pm2.5対応 ible Airvida…
価格:21384円(税込、送料無料) (2018/3/10時点)

ただマスク同様、この空気清浄機も副流煙を完全シャットアウトする事はできません。

空気清浄機の説明書にも、完全に遮断できないという記述があります。

ですから一番得策なのは先の章でも上げました通り、分煙してもらうとか換気扇の傍で吸ってもらう、マメに換気を行う、又は喫煙者の傍から離れるなどの対応が望ましいでしょう。

自分の身は自分で守りましょうという事ですね。


スポンサードリンク

副流煙が妊娠中に影響を受けないために!


環境ばかりを気にするあまり、神経質になってしまうのもそもそも赤ちゃんには良くありません。

相手が家族なら「傍でタバコは吸わないで!」とか「ベランダで吸って」と言えますが、職場だとそうもいきませんよね?

ですから、一歩外へ出たらある程度は諦めてるという位になることも必要かと思います。

対策は採って欲しいと思いますが、あまり神経質になるのは良くないという意味ですね。

心にゆとりを持つ事も、これから迎える出産には必要不可欠です。

まとめ

では、これまでの内容をまとめてみましょう!

・副流煙による対策は、分煙や換気扇の傍、又は外で吸って貰うなど周りの協力を得る。

・マスクを2枚重ねで使い、顔のサイズにあったマスクをして煙の侵入をより低くする。空気清浄機も有効。

・喫煙者の傍にいないようにする、マメに換気を行うなど自分でも対策を採る。

・心にゆとりを持って安心、安全に出産を迎える。

是非、参考になさって元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする