学生服のクリーニングの日数は?ボタンをはずすと料金は違う?

スポンサードリンク




学生服には、自宅で洗える物と洗えない物があります。

自宅で洗える学生服やちょっとした汚れなら、自宅で洗って乾かせばなんとかなりますが、汚れがひどい物は、どうしてもクリーニングに出すことになります。

その時に、学生服の着替えがあれば良いですが、着替えが無い場合、クリーニングの日数はどのくらいなのか不安ですよね。

また、学生服を出す時にはボタンをはずすとか、ボタンの有る無しで料金が違うという話がありますが、それは事実なのでしょうか?

学生服のクリーニング日数と、ボタンをはずすと料金は違うのか、一般のクリーニング料金の相場はどのくらいかについてまとめました。

学生服のクリーニングの日数は?


クリーニング店には、宅配を利用するクリーニングと店舗で受け付けるクリーニングがあります。

学生服をクリーニングに出すときに一番気になるのは、洗濯物の仕上がり日数だと思います。

宅配と店舗のおおよその仕上がり日数は次のとおりです。

・宅配・・・店舗に行く必要がなく、自宅においてクリーニングの集配・配達をしてもらうサービスです。

衣類発送日から5日後~9日。

宅配クリーニング会社の「リネット」の場合、プレミアム会員(月会費390円または年会費4,680円共に税抜き)であれば、最短で2日後です。

・店舗・・・一般的に2~3日で仕上がることが多いようですが、店舗によっては即日仕上げが可能なところもあります。

例えば朝の10時頃までに出すと、当日の夕方以降には仕上がります。

1日でも早く仕上げてほしいと考えるなら、店舗クリーニングの即日クリーニングが1番早いでしょう。

学生服をクリーニング時ボタンははずす?


学生服のボタンには、大きく分けて縫い付けタイプとフック式(チェンジボタン)があります。

ボタンが縫い付けているタイプなら良いですが、フック式のボタンの場合は、クリーニング中に外れることや、生地を傷めたり、錆びたりすることがあります。

出す前に外れるボダンは外して、自分で保管しておくのが良いですよ。

ボタンや、壊れやすい首のカラーは、外してからクリーニングに出しましょう。

また、学生服からボタンを外すことで、クリーニングの料金が違うという話がありますが、学ランタイプの場合は料金が違うことはないようです。

ただしブレザータイプで、校章が付いていない、または外した場合には、普通のジャケット扱いになり、料金が違ってくることがあります。

これは、クリーニング店によって取り扱いが違うので、料金の確認をした方が良いと思います。

スポンサードリンク

学生服のクリーニング料金はどれくらい?

学生服のクリーニング料金の一例をご紹介します。

・宅配店・・・ネクシー(会員の場合):学生服810円+ズボン560円+往復送料1,620円=2,990円 2,990×1.08=3,229円

宅配は、ある程度の個数や金額によって、往復送料が無料になるものもありますが、少量の場合は高くなります。5個以上とか、10個以上の量がないとコストが高いですね。

・店舗・・・(白洋舎の場合)学生服上下で、1,188(税込)です。

まとめ

学生服が汚れて、クリーニングに出すときは、店舗クリーニングの即日仕上げのサービスが一番早いようです。

標準でも2日程度の日数なので、新学期が迫っているときにも助かりますね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする