イースターに卵はなぜ?うさぎの意味や理由とイースターエッグとは!

スポンサードリンク




みなさんは、イースターって何かご存知でしょうか?

名前くらいは知ってるという人もいるかも知れませんね。

でも、イースターの意味までは知らない人が多いと思います。

イースターとは「復活祭」というお祭りで、あのイエス・キリストが復活した日なのです。

今回は、その復活祭=イースターの日の由来や、うさぎや卵が関係する意味を紹介します。

イースターに卵がつきものなのはなぜ?


イースターと卵の由来は?どういうお祭りかというと、イエス・キリストが復活した日でそれを祝うお祭りだったそうです。

日本でも、海外の文化が多く取り入れられるようになりました。

クリスマスやハロウィンなどもそうです。

日本では。年の暮れになるとクリスマスやハロウィンで賑わいを見せていますが、海外ではむしろイースターの日が重要視されています。

では、イースターの日っていつかというと、日曜日です。

ん?日曜日?何日の?って思いますよね?

実はイースターの日は、毎年必ず日曜日と決まっているのです。

ということは、日付が毎年違うということなんですよね?

日付が定まっていなくて、ただ日曜日と言われると、うーん・・・やっぱりいつの?って聞きたくなりますよね?

それでは、そもそも何で日曜日なのか、詳しくお話しましょう。

イースターは、キリスト教徒のお祭りです。

イエス・キリストってご存知ですか?そう、あの十字架に両手の平に釘を打ち付けられた姿の男性。

彼ががイエス・キリストです。

彼が亡くなったのが、金曜日。まさにあの十字架に掛かり亡くなったのです。

ところが、3日後の日曜日に蘇り、神となって復活したのです。

なので、それを祝う意味で毎年日曜日が復活祭=イースターの日になったというのが由来です。

では、いつの日曜日かというと、年が明けて春分の日が過ぎた最初の満月以降、最初の日曜日です。

ただ、年によっては月の満ち欠けによってズレが生じるので、最大で1ヶ月ズレるので、開催日は3月22日~4月25日の間になります。

2017年は、4月16日でした。

2018年は、4月1日がイースターの日です。

イースターはキリストが復活した日であると、お伝えしましたが、なぜ卵かと言いますと、ひよこは卵から生まれてくる時に、固い殻を破って生まれてきます。

ひよこにとっては、これはかなりのエネルギーを使っている訳です。

このことから「イエス・キリストの復活は、とてもすごい事なんだよ!」という事を伝えるために卵が使われているのです。

また、エッグハントという卵に派手に装飾して、子供達がその卵を探す遊びがあります。

宝探しのような遊びで、一番派手な卵を見つけると子供達が喜ぶので、卵に派手なペイントを施すようになったと言われています。

イースターにうさぎと卵がセットなのはなぜ?


イースターには、卵と一緒にうさぎも必ず登場します。

このうさぎと亀ならぬ、うさぎと卵の関係はなんなんでしょう。

海外ではうさぎは、子孫繁栄の象徴とされています。

うさぎは春にたくさん子供を産むんですね。

卵も、固い殻を破って産まれてくるひよこに、強い生命力のようなものを感じさせます。

そのことから、おめでたいイースターの日と結びつけられたようです。


スポンサードリンク

イースターと卵はどんな意味がある?


イースターエッグと呼ばれ、イースターと卵には強い結びつきがあるようです。

卵は、ひよこが固い殻を破って産まれてきたように、キリストも死という殻を破って復活したと捉えられていたのでしょう。

物凄いパワーで産まれてくるひよこ、春に子供をたくさん産むうさぎ。

植物が芽吹くのも春、春は様々な生命が誕生します。

イギリスでは、昔から卵は「生命の象徴」だったのです。

まとめ

近年イギリスでは、本物の卵ではなく卵の形をしたチョコレートが使われたりしています。

そのチョコレートの卵に綺麗に装飾を施してあって、スーパーでもカラフルなイースターエッグが売られているそうですよ!

生命の象徴だった卵、キリストの復活は、そうした生命の誕生のように捉えられていたのかも知れません。

クリスマスやハロウィンに続いてイースターもそのうちビッグイベントになるかもしれませんね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする