静電気で痛い理由は体質に原因がある?車のドアの対処方やグッズは?


冬になると、静電気でドアノブや車のドアを触るのがおっくうになりますよね。

静電気のバチッという不快な音と痛みは、冬の悩みの一つです。

なぜ、冬の季節に静電気が起こるのか、その原因や体質に関係があるのか?そして静電気除去グッズなどを紹介します。

スポンサードリンク

静電気が痛い理由バチッとなる時ならない時って?

人や物が何かに触れたとき、気づかないほどの小さな電気が発生しています。

梅雨場などは空気の湿度が高く、マイナスイオンによって溜まった電気が打ち消されているため、人が静電気による痛みを感じることはほとんどありません。

しかし、冬場は乾燥した空気と着込んだ衣服の摩擦によって、静電気が発生しやすい環境になります。

季節柄、どうしても合成繊維などのニット素材とほかの衣服と重ね着をして、静電気を溜めやすく、逃がしにくくしてしまいます。

そして、ドアノブや車のドアなどに触れたとき、溜め込んだ電気を一気に放電するため、バチッという現象が起こるのです。

静電気体質の原因と改善法


さて、静電気が発生しやすいのは体質は関係あるのでしょうか?

冬場の環境による静電気発生の原因をご紹介しましたが、実は体質にも静電気を発生させやすい体質とそうでない体質があります。

水は電気を通しやすく、溜まった電気を逃がしてくれます。

つまり、体に水分の少ない血液がドロドロの人は静電気を溜めやすい体質と言えます。

また、睡眠中は意外に汗をかくので、睡眠時間が長い人も体が乾燥しやすいです。

対策としては、こまめな水分補給と適度な睡眠時間を取ることを心掛けるといいでしょう。

スポンサードリンク

車のドアの静電気対処方や防止グッズ

静電気防止グッズの効果は?自分でできる簡単な対処法はどういったものがあるでしょうか。

秋から冬にかけて静電気防止グッズが売られているのをよく目にします。ストラップやブレスレットタイプなどがあり、100円ショップでも手軽に手に入れることができます。

しかし、このようなグッズは本当に効果があるのでしょうか。

原理としては、ブレスレットの場合、体に溜まった電気をブレスレットを通じて空気中にゆっくり放電します。

なので、ドアノブなどバチッと来そうなところに触っても、体に溜まった電気が放電によって小さくなっているので衝撃が少なく痛みを感じません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コランコラン Sガード フィタ colancolan S-guard fita …
価格:2160円(税込、送料別) (2017/10/1時点)

実際私も100円ショップで売っていた一見おしゃれなブレスレットタイプの防止グッズを付けていて、ドアノブなどを触った時、多少の静電気による衝撃は感じましたが、付けていない時よりもはるかに衝撃が小さく、痛みもほとんどありませんでした。

ストラップタイプは、手に持ったストラップをドアノブなど衝撃の起きそうなところに触れさせるだけで、体に溜まった電気を逃がすものです。

2種類の静電気防止グッズを紹介しましたが、グッズを使わず自分の手だけで衝撃を和らげる方法もあります。

要は、体の電気をドアノブ、車に触る前に放電させればいい訳です。

ドアノブを触る前にドア本体に手を当てる、車だったら地面に手を当てる。

たったこれだけで体に溜まった静電気を放電させ、静電気による衝撃をなくすことができます。

あとは、私の実体験から、恐る恐る触ると触れる面積が狭く衝撃を感じやすいので、大胆に手のひらでバンッと触ると痛みをあまり感じません。

静電気で痛い理由と体質の関係車のドアの対処方やグッズのまとめ

静電気に負けるな!

冬場の静電気は本当に嫌ですが、体質を改善したりグッズをうまく利用したりすることで、不快な衝撃を回避することができます。

今年の冬は静電気によるストレスを感じることなく過ごせるといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする