お葬式の数珠で女性の色や決まりと房やマナー!意味や使い方は?


お葬式の時に必要な物に数珠がありますよね。

普段は数珠なんて使わないから、お葬式の時に持つ数珠の色や決まり、そしてマナーなど知らない人も多いのではないでしょうか?

子供ならまだしも成人した大人がマナーを知らないとなれば、ちょっと恥ずかしいですよね。

そこで今回は、お葬式で使う数珠の色やマナーなどについてまとめてみました。

スポンサードリンク

お葬式で使う数珠で女性用の色は?


お葬式で女性が使う数珠の色に決まりはあるのでしょうか?

最近ではカラフルな数珠も多く出回っていますよね。

房もボンボンタイプのものやサラサラタイプのものなど様々な種類があるので、「どれを買えば良いの?」と、購入時には迷ってしまうこともあります。

実は数珠選びってとっても難しいんですね。

本来、数珠には宗派ごとに決められている二重の数珠があります。(これを本式数珠と呼んでいます)

自分の宗派が分かっている人はその宗派に見合った数珠を選ぶのが一番なのですが、これがまた分かりにくいですよね。

そんな時は仏壇屋に行って相談してみると、自分にピッタリな数珠を進めてくれますよ。

その他にも、略式数珠と呼ばれている一重の数珠もあるのですが、こちらの略式数珠であれば特に決まりはありませんので、自分の好きな物を選べば良いと思います。

数珠の色に決まりはある?


では、数珠の色の決まりはあるのでしょうか?

色については白色が良いと言われている地域も一部あるようですが、それ以外の地域に関しては特に決まりはないようです。

もちろん宗派によっても多少は異なるかもしれませんので、ご自分の宗派の事を一度調べてみると良いかもしれませんね。

なお、最近では女性用の数珠は特におしゃれな物が多く出回っていて、お葬式だけで使うのはもったいないな。

と思うぐらい素敵な物がたくさんあるんですね。

女性なら数珠選びも楽しくなりそうですが、逆に男性の場合は色をなかなか選べないのが現状でもあります。

男性用の数珠は黒や茶色のものが多く、女性用の数珠のようにカラフルでオシャレな物はほとんど売られていないようです。

男性は落ち着きのある色見の数珠が多いようですね。

スポンサードリンク

お葬式でマナー違反の数珠とは?


最後に、お葬式でマナー違反とされる数珠ってどんな数珠かご存知ですか?

数珠は「念珠」とも言われるように、持っている人の身を守ってくれる言わばお守りのような存在なんですね。

なので数珠を持っていないからと言って誰かに数珠を借りてお葬式に行くのはマナー違反だと言えます。

基本、数珠は人から借りないのがマナーなんですね。自分の宗派が仏教でない限り、数珠を持っていない人が多いのも当然と言えば当然なんです。

数珠を持っていないなら持っていないで大丈夫です。決して人からは借りないようにしましょう。

まとめ

数珠には女性用と男性用がありますので、男性用を女性が使うのもN.Gですし、もちろんその逆もN.Gなんですね。

基本、数珠はお守りと同じようなものですので、貸し借りをしてはならないものでもあるのです。

その意味を知っている人は、基本的に常備している人が多いのですが、数珠の意味を知らない人もまだまだたくさんいるのも事実です。

これを機会に自分専用の数珠を用意してみてはかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする