ラッピングはおしゃれに紙コップでマスキングテープ貼り方とデコ方法


ちょっとしたプレゼントなど、ラッピングをする機会って意外と多かったりしますよね。

そんな時、「凝ったラッピングは難しいんだけど、少しでもかわいくておしゃれなラッピングにしたい!」と思ったことはありませんか?

そんな時こそ紙コップとマスキングテープでラッピングしちゃいましょう♪

マスキングテープの貼り方次第で、紙コップをおしゃれでキュートなラッピングボックスが出来ちゃいますよ!

紙コップをデコるなんて「デコり方が難しそう?」と思う人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さいね!

アレンジ次第でとってもオシャレなラッピングになりますよ。

スポンサードリンク

ラッピングでおしゃれに紙コップを変身させる


パーティーなどで使い切れずに余った紙コップがあれば、おしゃれなラッピングボックスに変身させちゃいましょう!

紙コップが手元に無くても、100円ショップに行けばカラフルで可愛い紙コップもたくさんありますよね。

そんな紙コップを使って、プチギフトボックスを作ってみませんか?

●紙コップでプチギフトボックス!

【材料】
カラフルな紙コップ マスキングテープまたはリボンなど

【作り方】
①紙コップの上のフチをハサミなどで切り落とす。

②紙コップの口の部分を潰して半分に折る。

③口の部分をマスキングテープで閉じたり、リボンを巻いてもO.K!

これなら不器用な人でも簡単に出来ますよね!

紙コップにマスキングテープの貼り方次第!


100円ショップで手軽に買うことが出来る紙コップ。

カラフルで可愛いものもあれば、シンプルな真っ白の紙コップもあったりと、実に様々な商品が並んでいます。

カラフルな紙コップならそれだけでも十分おしゃれに見えるのですが、シンプルな紙コップだとどうでしょう?

ちょっと味気なかったりしますよね。

でも、たとえ真っ白でシンプルな紙コップでも、マスキングテープの貼り方ひとつでおしゃれな紙コップに変身するんですよ!

この方法でシンプルな紙コップをおしゃれに変身させれば、パーティーも盛り上がること間違いなし!

また、紙コップに貼るマスキングテープを変えれば、自分がどのコップを使っていたかも一目瞭然です。

紙コップだけでなく、フォークなどにもマスキングテープを貼り付ければ、フォークだっておしゃれに見えるし、自分専用の目印にもなりますよね。

さらにさらに、パーティーでちょっとだけ余ったチョコやクッキーなども、紙コップとマスキングテープでオシャレにラッピングすることもできちゃいます♪

マスキングテープって貼り方次第でこんなに便利でおしゃれに使える物だったんですね!


スポンサードリンク

紙コップにマスキングテープでデコレーションするポイント


紙コップにマスキングテープでデコるだけって言われても、なかなか上手くいかなくて四苦八苦してしまう人もいますよね。

そんな人のために、デコり方のポイントをお伝えしますね。

まず、紙コップにマスキングテープを貼る時は、横に一周ぐるりと巻いてしまうとシワが出来てしまうので、縦に貼るのがポイントです。

これ、とっても大事ですよ!

横にぐるりと貼ってしまうとシワが出来て、全然おしゃれに見えないんですよね。

あと、パーティーなどで普通に飲み物を入れる紙コップとして使う場合には、飲み口の部分には貼らない方が良いですね。

飲む時にマスキングテープが邪魔になってしまいますので。

もちろんラッピング用にデコる時も、基本的には上のふちの部分は切り落としますので、その部分には貼らないように気を付けて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?紙コップをマスキングテープでおしゃれに変身させるためには、ちょっとしたポイントさえ押さえていれば、誰にでも簡単にデコることができるんですね!

もちろん紙コップだけでなく、パーティーなどでは普通の真っ白な紙皿の周りもデコってみると可愛いですよね。

ちなみに紙皿をデコる時は、お料理を乗せる真ん中の部分はデコらないのが基本ですよ!

コツさえ掴めば、誰にでも簡単にデコることができますので、プチプラギフトボックスにもオススメです。

スポンサードリンク