宮島牡蠣祭りの混雑を避ける駐車場情報!食べ放題や広島かきまつり情報

スポンサードリンク



冬といえば牡蠣料理が美味しい季節です。

中でも、海の幸である牡蠣は鍋料理には持ってこいですね!

そんな人気の牡蠣を、鍋だけではなく網焼きでいっくらでも食べ放題のお店が広島にあるのをご存知でしょうか?

毎年、広島の宮島では牡蠣祭りが開催されています。

旬の時期になると、各地でも牡蠣の食べ放題イベントがあるようですが、宮島は絶品です!

今回は、そんな宮島の牡蠣祭りについて、おすすめのお店情報はもちろん、混雑ポイント、駐車場情報をご紹介します。

宮島牡蠣祭りの混雑ポイント

牡蠣が一番美味しくなる旬の時期は2月がシーズン真っ只中です!

広島牡蠣祭りは、1月~2月(一部3月上旬)に行われます。

焼き牡蠣やその他牡蠣料理が、試食できたりリーズナブルな価格や量が販売されています。

なので、毎年宮島は大混雑!

売り切れ次第終了になる会場もあるので、朝から行っても牡蠣に在りつけるまでに、かなりな時間を要すると思われます。

お昼ごろのんびり行ってると、既に売り切れていることも、試食すらできない可能性さえもあります。

どこの会場も開催時間は、10時頃~15時頃までとなっているのですが、この時間に合わせてると、試食や食べ放題を堪能するだけの時間を確保できないかも知れません。

ポイントは、ずっと早くから到着できるように、きちんと計画立てましょう。

宮島牡蠣祭りの駐車場情報


牡蠣祭りの時期は混雑しますので、車で行った場合は、かなり時間が掛かることが予想されます。

牡蠣祭りを開催するお店は、宮島で20ヶ所弱ありますが、中には駐車場がない会場もあります。

駐車場自体を会場にしてるお店があるからです。

駐車場があっても、会場に入るまでに1~2時間は掛かることもありますので、牡蠣祭り会場の駐車場ではなく、別の有料駐車場を使った法が便利な場合もあります。

なので、車で行かれる場合はそのことを覚悟しておきましょうね。

「宮島かき祭り」会場を例にしますと、駐車場は周辺の市営駐車場がありますが、かき祭り専用の駐車場は作っていません。

宮島には船で渡る事になるのですが、渡る前に車を桟橋付近の駐車場に止めてから船で渡ります。

この駐車場は広いのですが、なにせ宮島は観光地ですので、すぐに満車になってしまいます。

なので、便利な行き方としては、「フジグランナタリー」という駐車場に停めるのがおすすめです。

路面電車が「広電阿品駅」から出ていますので、この路面電車で宮島駅に行く方が、スムーズに行けると思います。


スポンサードリンク

宮島牡蠣の食べ放題匹敵の直売!

牡蠣祭りで人気のお店はたくさんありますが、中でも、「宮島かき祭り(2月中旬)」と「おおたけカキ水産まつり(1月下旬)」が特に人気です。

広島牡蠣祭り2019年の開催日

今年の牡蠣祭りは、時間や会場など、下記の通りです。

開催日時が早い順でご紹介しますね!

「牡蠣マルシェ(音戸)」

開催日:2019年1月20日(日)毎年第3日曜日
開催時間:9時~15時
会場:ひろしまみなとマルシェ広島港東西ターミナル横広場
特徴:生産者の牡蠣直販、焼き牡蠣1個100円~。

「おおたけカキ水産まつり」

開催日:2019年1月27日(日)毎年第4日曜日
開催時間:10時~15時
会場:晴海臨海公園(予定)
特徴:生牡蠣販売、カキ料理試食、樽酒無料試飲、はまちレモン無償試食(先着制限有り)

「ひろしまフードスタジアム冬の陣 広島大牡蠣祭り」

開催日:2018年2月2日(土)~3日(日)予定・・・毎年第1土日開催
開催時間:10時~16時
会場:旧広島市民球場跡
特徴:1万人の巨大牡蠣鍋1杯100円程度、広島の旬ブース満載の食イベント

「宮島かき祭り」

開催日:2018年2月9日(土)~10日(日) 毎年第2日曜と前日
開催時間:10時~15時(売り切れ次第終了)
会場:宮島桟橋前広場
特徴:牡蠣のせいろ蒸し、土手鍋、フライ、シチューなど。100円~200円

いずれも、牡蠣の食べ放題にはなりませんが、試食や安価で広島の宮島牡蠣を堪能出来ます。

牡蠣祭りではありませんが、焼き牡蠣の食べ放題をしている牡蠣小屋の詳細はこちらで説明されています。

宮島(厳島神社)の基本情報と地図詳細
【楽天たびノート】

まとめ

この他にもまだまだ、素敵なイベント盛りだくさんです!

是非一度、行ってみてくださいね!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする