知りたいこと丸わかり情報ノート

疑問に思う事柄を解決!モヤッとからスッキリ素敵時間へ

料理・グルメ

はまぐりとあさりの味の違いと見分け方!しじみの美味しい調理方法?

投稿日:


普段の食生活で、貝類を食べる事も多々あると思います。

その中で、「はまぐり」「あさり」「しじみ」などの2枚貝も食べますよね?

「はまぐり」は主に、ひな祭りの行事食としてお吸い物にして食べます。「あさり」や「しじみ」は味噌汁にすることが多いですね。

「はまぐり」と「あさり」は見た目がよく似ていますが、見分け方は何処を見るのか?。

味に違いはあるのか?

ここでは、しじみも含めてこうした貝類の美味しい食べ方などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

はまぐりとあさりの味の違いは?


見た目がそっくりな「はまぐり」と「あさり」ですが、味もそっくりなのでしょうか?

これは感じ方には個人差がありますし、生息地も弱冠違いがあるので、味を決定づけることは難しいです。

しかし一般的には、「はまぐり」は甘味が強く、「あさり」は甘みもありますが、やや渋みがあるといいます。

因みに生息地は「はまぐり」と「あさり」共に、海の浅瀬に棲んでいるのですが、「はまぐり」はやや深めで、砂と泥が交じり合った15㎝程の所にいます。

「あさり」はそれより浅く、10㎝程の砂の中にいます。

あさりとはまぐりの見分け方はどこを見る?


「あさり」と「はまぐり」を見て、瞬時にどちらが「はまぐり」か「あさり」か答えられますか?

一見同じように見えるのですが、色、大きさ、触った感じなどに違いはあります。

・あさりの特徴

あさりの場合、大きさは、一番大きい物で6㎝程度。

色は、茶褐色。

表面に筋がたくさんあってザラザラしているのが特徴です。

・はまぐりの特徴

はまぐりの場合、大きさは、最大8.6㎝程度で、あさりよりちょっと大きめです。

色は、黒褐色の放射体がありますが、個体差があるので色や模様などは同じものはありませんね。

表面は、丸みがあってなめらかです。

・しじみの特徴

しじみの場合は、大きさは3㎝程度、色は黒っぽく表面はザラザラしているものは少なくツルツルしています。


スポンサードリンク

はまぐりとあさりやしじみの美味しい食べ方


貝を美味しく食べるには、最初の砂抜きが重要です。

スーパーなどで売られている貝は、たいていの場合、砂抜きや砂出しをしてあります。

しかし、より美味しくいただきたいなら、調理する前に全てもう一度砂抜きすることをお勧めします。

気持ちの問題かも知れませんが、より美味しくより安全にいただくなら、念のためもう一度砂抜きしておくのがいいと思います。

特に水に浸かった状態で売られている物は特に注意が必要で、売られている最中も貝は生きていますので、吐いた砂をまた吸っている場合があるからです。

家で砂抜きや砂出しをする時のポイントは砂抜きしたあと、ざるの上に並べて乾燥させてください。

そうすることで、貝本来のうま味が増します。

もう一つは、「はまぐり」「あさり」「しじみ」それぞれの旬の時期に食べること。

今では1年中手に入るようになりましたが、国産で天然物にはちゃんと旬の時期があります。

・はまぐり・あさり・しじみの旬の時期

はまぐり2月~3月

あさり3月~6月

しじみ夏と冬に2回の旬がある。

それぞれ旬の時期なら、肉厚なので美味しいです。

「はまぐり」は、ひな祭りの時期に行事食としてお吸い物にして食べるほか、網の上で焼いて、バターとしょうゆを掛けたはまぐりのバター醤油焼きは絶品です。

「あさり」は、あさりの酒蒸し、あさりの味噌汁などが人気ですね。

「しじみ」も、しじみの味噌汁が栄養的にも抜群です。

身は食べなくても汁に栄養が出ているといわれるしじみですが、やはり身にも沢山の栄養が詰まっていますので残さずお汁も身もいただきましょう。

是非一度作ってみてくださいね!

まとめ

はまぐりとあさりの味の違いに大差はないかも知れませんが、生息地による栄養の摂り方でアミノ酸などのうま味成分が違ってくるのでしょう。

しっかりと自分の目で見分け方を知っておけば、調理方法や食べ方によって美味しくいただけると思いますので、それぞれの貝のうま味を堪能してくださいね。

スポンサードリンク

-料理・グルメ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝ごはんを食べない旦那が喜ぶには?文句を言わせない手抜き朝食!

最近は朝ごはんを食べない方が増えていますよね。 私自身もそうですが、朝はなかなかお腹が空かず、作るのも面倒くさいと思ってしまいます。 しかしやはり朝ごはんをしっかり食べないと、健康面にも悪いことと、頭 …

ひな祭りパーティーの料理アイディアと子供に人気の持ち寄りデザート

「持ち寄りで子供たちみんなとひな祭りパーティーをしよう!」なんて誘われたら、何を作って持って行けば良いのか、悩んだりしますよね。 出来ることなら子供にも大人にも喜んでもらえるようなものを持参したいとこ …

日生の牡蠣の解禁日やシーズンはいつ?五味の市で牡蠣料理を!

岡山県は牡蠣が特産品で、全国3位の生産量を誇っています。 その岡山県の東南にある日生(ひなせ)で養殖されている牡蠣は、豊富な養分と環境に恵まれ、粒も大きく美味しいと大評判です。 海のミルクと言われる程 …

桜餅を巻いている草は食べる?道明寺との違いは?もち米が材料?

春になるとお花見しながら、または雛人形を飾るとひな壇の前で桜餅を子供の頃に食べたことを思い出します。 ピンク色のお餅にほんのり桜の香りと味がして、とても美味しかったことが思い出されます。 桜餅に巻かれ …

酢生姜の作り方と保存方法やはちみつの代わりは?日持ちや賞味期限は?

今、何かと話題になっているのが酢生姜です。単純に酢と生姜って聞くだけでも、健康に良さそうなイメージですよね。 そんな酢生姜は自宅でも手軽に作れるので、買うよりも自分で作っている人が多いとか。 でも、手 …