成人式の男性の着物は袴が良い?レンタルや購入する場合の値段は?

スポンサードリンク




成人式は日本の全国各地で、成人になる人々を招いて激励・祝福する一生に一度の行事です。

会場ではスーツ、晴れ着、袴姿など着飾った成年男女が集まります。

女性は振り袖などの高価や物や男性もスーツの他に紋付き羽織袴姿が多く見られ、呉服業界にとって最大の稼ぎ時と言われるほどです。

近年では和服を購入すると高価なため、お手軽なレンタルで済ます事も多くなっています。

男性の成人式では着物の紋付き袴をレンタルするときの値段や、購入するとどれくらいの値段になるかを紹介します。

成人式での男性は着物がよいか?


着物として袴は、和装の中で腰から下を覆うように着る衣服で、ズボンのように両足を入れ、腰のところの紐で結びます。

男子の場合、スーツか袴かで悩むことと思います。

テレビなどで袴姿の目立ちたがりのヤンキーっぽい人達が、成人式で暴れるシーンなどがありイメージが悪いという方もいるかもしれません。

しかし、袴を着ているから悪いことをするという訳では決してありません。

女子の場合は学生服として着用するもの以外、礼装とはみなされませんが、男子の場合は、仙台平などの縞の絹地で造った袴は、紋付き羽織と合わせて礼装とみなされます。

スーツでいえばモーニングと同格の礼装と言われています。

袴を着る機会は一生に何回もないかもしれませんが、成人式は間違いなく着ることのできる行事の一つです。

日本固有の衣装として、紋付き羽織袴で成人式に出席するのもいいものです。

女子は振り袖、男子は紋付き羽織袴が本来の姿でお似合いではないでしょうか。

ただ、現実にはスーツが礼服のイメージとなっており、また着る機会の少ない紋付き羽織袴にお金を掛けられないという事情もあると思います。

成人式での男性の袴はレンタルで十分?


男性の紋付き羽織袴は一般的に礼装で使われるので、結納、結婚式、葬儀、寺社参拝、授賞式などの式典、邦楽などの演奏会、芝居や舞踊の出演時などがあります。

人生の中で、頻繁に着ることはない着物ですが、礼装として持っているのも良いですし、持っていなくても特に困ることもないものです。結局本人の気持ち次第ということになります。

もし紋付き羽織袴が必要な場面に出会っても、現在はレンタルもあり、着ることに困ることはありません。

通販のレンタル料金は、シンプルな紋付き袴で3泊4日(使用2日前から使用翌日まで)で1万円~約3万円程度が多いようです。

しっかりした素地を選ぶなら、ちょっと高めがいいでしょう。

ネットで選んで申し込み→宅配で届く→使用→使用後そのまま宅配で返却が一般的です。

楽天市場、丸昌ネットショップ、ハカマレンタルドットコム、RENCAなどがあります。

スポンサードリンク

成人式の着物は購入するとしたらどれくらいの値段?


紋付き羽織袴などの着物を着ようと思った時に、買った方が良いかレンタルがいいのか迷いますね。

購入の相場は安価なものなら2万円前後~5万円程度で、高価なものなら10万円以上もあります。

見た目の良い標準的なものなら購入で4~5万円程度、同等品でレンタルは2~3万円程度です。

金額だけみると、購入の方がレンタルよりも高い場合が多いでしょうね。

でも成人式の後に、趣味や冠婚葬祭でも着たいという方なら、購入すると2回で元が取れますよ。

成人式以外には、もう二度と着る予定はない場合や、オリジナリティを出したい。

二十歳ならではの若々しさあふれる派手な紋付き羽織袴で出席したい方はレンタルの方が安く、後々色や柄で困ることがないでしょう。

まとめ

成人式で1日限り着るものであればレンタルする人が多いでしょうが、自分の気に入ったものをレンタルよりも安価で購入できるものもあります。

色々見比べて検討し、納得できる金額で購入かレンタルかを決めましょう。

そして、一生のうちに一度きりの成人の日を、お気に入りのハレの着物でお迎えくださいね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする